不動産購入の流れ ・物件を見学する(一戸建て編)

スポンサーリンク

物件を見学するには、不動産ポータルサイトに気に入った物件を掲載している不動産会社に連絡するか、物件を紹介してくれた不動産会社に内見(物件を見学すること)したい旨を伝えます。

売りに出ている物件の状態が、居住中(現在も売主が実際に住んでいる状態)の場合、売主の都合の合う日時でしか内見できません。また、実際に購入した場合売主が引っ越す必要があるので、購入してすぐ住み始めることができませんので、注意が必要です。

売りに出ている物件の状態が、空室(誰も住んでいなくて空き家の状態)の場合、他の内見者がいなければ基本的にいつでも内見することが可能です。実際に購入した際も決済後すぐに済み始めることが可能です。

他に、新築の場合は建築中、リノベーション物件の場合はリフォーム中などの状態があり、すぐに建築できない場合があります。そういった場合、実際に購入したときも工事完了後でないと、入居もできません。

物件見学時のポイントは、たくさんあります。

1、交通アクセス 

最寄りの駅やバス停からの距離だけでなく、傾斜や信号の多さ踏切の有無、駅までの道の安全性などを見ます。不動産会社の広告に載っている駅までの時間は、80m1分で計算されますが、傾斜や信号が多いとそれ以上かかる場合がありますので、注意が必要です。

2、住環境

物件が接する道路が、大きな通り沿いや狭い道でも抜け道になっている場合、車の交通量が多く音や振動が激しい場合があります。また、そういった立地は交通事故の危険性も高いです。

隣の家との間隔が狭い場合、隣の家の声や物音が聞こえやすいですし、自分達のが発する音も聞かれやすくなります。特に物件のすぐ隣にアパートが建っている場合、夜中に飲み会などで騒ぐ音が聞こえてくる場合もありますので、注意が必要です。また、火災が起きた際など火が燃え移りやすいです。

ゴミ捨て場の位置も確認しましょう。検討している物件がゴミ捨て場の位置になっている場合、マナーの悪い住人のゴミが取り残されたり、カラスが散らかしたものをかたずける必要がでてくる可能性があります。

近隣に変な人が住んでいないか確認しましょう。ゴミ屋敷や動物を多数飼育している家、怪しい車やバイクが駐車しているなど、後々トラブルになったり何かしら被害を受ける可能性がありますので注意が必要です。

3、建物の外観について

建物の基礎にひび割れがないか確認しましょう。基礎とは建物の土台のコンクリートの部分です。ひび割れがある場合、耐震性や耐久性に問題がある可能性があります。

外壁にもひび割れがないか確認しましょう。外壁にひび割れがある場合、雨水や虫などが侵入して建物が劣化している可能性があります。また、外壁が汚い場合や、触ったら粉がつく場合、外壁塗装をする必要があるかもしれません、

駐車場がある場合、自分が乗っている車やこれから購入した車がきちんと収まるか確認しましょう。敷地からはみ出す場合、車庫証明がとれず車が登録できない可能性があります。

駐輪スペースがあるかも確認しましょう。夫婦二人の場合はいらないかもしれませんが、子供が生まれたら保育園の送迎や子供が自転車を乗り始めることも想定されるので、自転車を置くスペースがあるか確認しましょう。戸建は駐車スペースはあっても、駐輪スペースのことを考えずに設計されていることが珍しくありません。

4、建物の室内について

雨漏りがないか一番上の階の部屋の天井を見ましょう、雨漏りがある場合天井にシミができていたり壁紙がはがれていることがあります。一番上の部屋以外でも、窓枠から雨漏りしている場合がありますが、それも同様しみがないか等確認しましょう。

エアコンや床暖、ウォシュレット、食洗器など、各設備がきちんと稼働するか確認しましょう。これは不動産会社が確認しておいてくれる場合があります。

日当たりや眺望を確認しましょう。周りの状況により南向きでも日当たりが良くなかったり、窓の外を見たら目の前に向かいの家の窓があったりすると、カーテンを開けれない場合があります。

収納がどれくらいあるか確認しましょう。各居室だけでなく、靴入れや脱衣所、トイレなど収納がない場合、自分達で設置する必要がでてくるかもしれません。

5、売主にヒヤリングする

売主が居住中の場合、内見時に売主に会うことができます。売主はその物件の情報を一番持っている人物です。物件のいい点、悪い点、近所の住人のことや、学校のこと、買い物事情など聞ける場合は聞いてみましょう。ただし、売主によっては悪い点は素直に教えてくれないことがあります。

まとめ

同じ物件の内見は、何度もできるのもではないので時間をかけてしっかり確認しましょう。気になった点はその場で不動産会社の営業に確認するか、売主に聞きましょう。

スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
・購入の流れ
スポンサーリンク
なおきちをフォローする
イエゼミ
タイトルとURLをコピーしました