不動産購入の流れ ・購入したい物件の条件を決める

スポンサーリンク

家を購入する際の流れの中で、一番最初にやるべきことは家族で購入したい物件の条件を決めることです。いつまでに、どこに、どんな家に住みたいのか?まずは、これらを決めましょう。

家を買う際、夫婦それぞれの考え方や理想があると思いますので、上記を夫婦それぞれで決め、すり合わせていきます。そして二人で出した答えを基に購入活動を始めましょう!

このとき、夫婦で意見が合わない場合や、ケンカになってしまうこともあるかもしれません。そもそも旦那さんが家の購入に反対していたりして、説得する必要がでてくるかもしれませんので、夫婦で話し合って考えをすり合わせることは非常に重要です。

予算を先に決める方がいますが、予算を先に決めてしまうと自分達の理想とする物件ではなく、買える物件を買うという本来の目的とはかけ離れた結果になりがちです。

まずは自分達の希望条件を決め、その条件が予算オーバーなら、希望条件のどこなら妥協できるのかを考え、徐々に条件をずらしていきます。最終的に希望の条件とかけ離れていた場合は、理想が高すぎたか、自分達が買える準備ができていない、買える状況にないということです。

いつまでに購入したいのか?いつまでに購入しなければいけないのか?

現在社宅にすんでおり、入居期限が決まっている場合や、賃貸住宅の契約更新がせまっている場合、お子様が入学する前に購入したいなど、様々な理由があると思います。その場合、購入する物件もそれに合わせて入居できる物件を探さなければいけません。特に期限が決まっていない場合は、特に気にする必要はありません。

どんな住まいに住みたいか?

新築戸建て、新築マンション、中古戸建、中古マンション、日当たりに良さ、ペットが飼育できるか、庭付き、車庫あり、築年数、広さ、階数など家自体の条件を決めます。

どんな立地に住みたいか?

駅から近くて便利、駅から多少遠くても閑静な住宅街、大きな公園の近く、学区が変わらない場所などを考慮します。

不動産ポータルサイトなどで検索する際は、物件種別、エリア、駅からの距離、間取り、広さ、築年数、予算などで条件を絞って検索できますので、決めた自分たちの条件を落とし込んでいきます。このとき予算はまずは決めずに、決めた条件で検索してみます。

すると複数の物件が表示されると思います。このとき全く物件がでてこなかった場合や、1、2件しかでてこない場合は、条件が厳しすぎる可能性があります。物件を購入するのに、特に期限が決まっていない方はそのままでもいいかもしれませんが、そうでない方は条件を多少広げてみることをお勧めします。

物件がいくつかでてきた場合、自分たちの希望条件の物件のだいたいの相場がわかると思います。そこで次のステップの資金計画で、実際の予算を決めていくことのなります。

予算を決めてみて全然足りない場合は、条件を変更する必要があります。予算の決め方については次回勉強していきます。

不動産購入の流れ ・資金計画を立てる 

スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
・購入の流れ
スポンサーリンク
なおきちをフォローする
イエゼミ
タイトルとURLをコピーしました