なおきち

フラット35

住宅ローンが払えない場合どうすればいい?滞納・延滞で困ったときの対処法

住宅ローンが払えないときは、まずは銀行に、返済額の減額や返済期間の見直し、一時的な支払い猶予の相談をしましょう。もし、住宅ローンの残債より高い金額で家が売却できそうな場合は、無理して住宅ローンの支払いを続けずに売却してしまうのも、一つの手です
・家の購入

中古マンションの資産価値は築年数でどれくらい値下がりする?価格下落率を調査してみた!

マンション価格は新築~築5年まではほとんど価格が下落しませんが、築6年~30年までに約60%も急激に下落し、築31年以降は一転して価格下落率が緩やかになります。最も下落率が大きくなる時期は築26~30年で、前の5年間に比べて30%以上も下落します。
神奈川県

ハザードマップでわかる横浜市港北区で災害に強い安全な街

色々な災害のハザードマップなどを見て、横浜市港北区の災害リスクを調査しました。洪水・高潮・津波・地震の揺れやすさ・液状化・土砂災害など、全ての自然災害に対する危険度と災害に強い安全な街がわかります!
・家の購入

不動産屋にカモにされる人の特徴と、悪徳業者の手口

不動産屋にカモにされやすい人の特徴は、住みたいエリアと収入が釣り合っていない人・面倒くさがりで自分で情報収集しない人・不動産に詳しくない地主・急にお金持ちになった人・相続税対策に熱心な人・不動産投資初心者・見栄っ張りの人です。
・家の売却

2023年はマンションの売り時⁉統計データでみる高値で中古マンションを売却できるタイミング

中古マンション価格は、日銀が政策金利を引き上げた後に値下がりする傾向にありますので、日銀が金利を引き上げ始めたら、高値でマンションを売り抜けるベストタイミングと言えます。2023~2024年がマンション価格の天井で、今後1~2年以内に中古マンション価格は下落する可能性が高いのではないかと思われます。
・住宅ローン

住宅ローンの変動金利は今後上昇する?金利が上がる仕組みや要因について解説

住宅ローンの変動金利は、日銀の政策金利(短期金利)の影響を受けて変動します。日銀はインフレ率が2%を上回ると政策金利を引き上げる可能性が高まり、そうなると住宅ローンの変動金利も上昇します。2023年は様々なモノやサービスの値上げが予定されている他、人手不足や貿易赤字の影響により、インフレ率が高い状態が続く可能性があります。
・家の価格

不動産はインフレヘッジ対策になる?インフレと不動産価格の関係

長期的に見れば不動産価格の上昇率は物価上昇率を上回っていますが、意外と相関関係は低く、インフレ時に不動産価格が下がることもあれば、デフレ時に不動産価格が上がっていることもありますので、物価上昇=不動産価格上昇という訳ではなく、不動産価格の変化にはもっと他の要因の方が、影響していると思われます。
地価ランキング

【千葉県】高級住宅街ランキングTOP100|千葉の高級住宅街といえばここだ!

千葉県の高級住宅街といえばどこなのか?公示地価・基準地価の情報をもとに、高級住宅街ランキングTOP100を作成しました。一種単価(容積率100%当たりの価格)をもとにランク付けしています。千葉で高級住宅街が多い市区町村、駅、沿線もわかります。
・家の売却

家の任意売却とは?流れやメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

任意売却とは、住宅ローンや税金の滞納で差し押さえを受けたり、家の売却価格より住宅ローンの残債の方が多くて売却できない状態でも、債権者の合意を取り付けて家を売却する方法のことをいいます。競売に比べると多くのメリットがあります。
・不動産投資

絶対に知っておきたい!不動産投資の利益とキャッシュフロー(CF)の違い

不動産投資のキャッシュフローと利益は似ているけど違います。キャッシュフローは現金の増減を表し、利益は売上から費用を差し引いたものになります。不動産投資で行う取引の中には、キャッシュフローには影響を与えるけど損益には影響を与えないものや、その逆のものがあります。
タイトルとURLをコピーしました