・家の売却

家の売却についての記事です。

・家の購入

中古マンションの資産価値は築年数でどれくらい値下がりする?価格下落率を調査してみた!

マンション価格は新築~築5年まではほとんど価格が下落しませんが、築6年~30年までに約60%も急激に下落し、築31年以降は一転して価格下落率が緩やかになります。最も下落率が大きくなる時期は築26~30年で、前の5年間に比べて30%以上も下落します。
・家の購入

不動産屋にカモにされる人の特徴と、悪徳業者の手口

不動産屋にカモにされやすい人の特徴は、住みたいエリアと収入が釣り合っていない人・面倒くさがりで自分で情報収集しない人・不動産に詳しくない地主・急にお金持ちになった人・相続税対策に熱心な人・不動産投資初心者・見栄っ張りの人です。
・家の売却

2023年はマンションの売り時⁉統計データでみる高値で中古マンションを売却できるタイミング

中古マンション価格は、日銀が政策金利を引き上げた後に値下がりする傾向にありますので、日銀が金利を引き上げ始めたら、高値でマンションを売り抜けるベストタイミングと言えます。2023~2024年がマンション価格の天井で、今後1~2年以内に中古マンション価格は下落する可能性が高いのではないかと思われます。
・家の売却

家の任意売却とは?流れやメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

任意売却とは、住宅ローンや税金の滞納で差し押さえを受けたり、家の売却価格より住宅ローンの残債の方が多くて売却できない状態でも、債権者の合意を取り付けて家を売却する方法のことをいいます。競売に比べると多くのメリットがあります。
・家の売却

接道2m未満の【再建築不可物件】を売却・処分する方法

再建築不可物件を売却処分するなら、以下の方法が有効です。1建て替えできる状態にしてから売却する2隣地の人に購入してもらえないか相談する3投資用物件として仲介会社に売却を依頼する4不動産買取業者に買い取ってもうらう5無償譲渡サイトや空き家バンクに登録する
・家の売却

訳アリ物件の売却でおすすめの不動産買取業者はどこ?全国対応・買取実績豊富な3社をご紹介!

全国対応・幅広い種類の訳アリ物件の買取が可能・買取実績豊富な、おすすめの不動産買取業者を3社ご紹介します。早く・確実に・高く売却したいなら、複数の買取業者に買取査定を依頼しましょう。
・家の売却

売れない家・マンションの売却・処分は、仲介ではなく不動産業者買取がおすすめな理由

一般の人に売却するのが困難な物件や、家を探している人が少ない場所にある物件、売りに出していてもずっと売れない場合や早く売れないと困る時には、仲介会社に売却を依頼するより、不動産買取業者に買い取ってもらった方が、早く確実に家を売ることができます。
・家の売却

ペンシルハウス(狭小住宅)が中古で売れない理由と、売却方法について解説

ペンシルハウス(狭小住宅)が売れなくて困っている場合は、隣地の人に購入してもらう・投資用物件として売却する・不動産買取業者に買い取ってもらう方法がオススメです。特に土地面積がが40㎡以下、建物の面積が70㎡以下の場合は、一般の人に売却するのは困難です。
・家の売却

【訳あり物件買取プロ】は安心して利用できる?評判、口コミ、運営会社を調査しました!

訳アリ物件買取プロの評判や口コミは、いい口コミが多く、一部悪い口コミもありましたが真摯に対応しています。運営会社の業歴や会社の規模、ホームページ内容や行政処分の有無などを調査した結果、怪しい会社ではなく安心して利用できるサービスだと思われます。
・家の売却

不動産買取とは?メリット・デメリットと注意点を解説

不動産買取は、不動産会社に物件を買い取ってもらうことです。早く家が売れるというメリットがありますが、仲介で一般の人に売るより売却価格が低くなるというデメリットがあります。物件を早く確実に売りたい場合や、一般の人には売れない物件を売却する場合にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました