・住宅ローン

フラット35

住宅ローンが払えない場合どうすればいい?滞納・延滞で困ったときの対処法

住宅ローンが払えないときは、まずは銀行に、返済額の減額や返済期間の見直し、一時的な支払い猶予の相談をしましょう。もし、住宅ローンの残債より高い金額で家が売却できそうな場合は、無理して住宅ローンの支払いを続けずに売却してしまうのも、一つの手です
・住宅ローン

住宅ローンの変動金利は今後上昇する?金利が上がる仕組みや要因について解説

住宅ローンの変動金利は、日銀の政策金利(短期金利)の影響を受けて変動します。日銀はインフレ率が2%を上回ると政策金利を引き上げる可能性が高まり、そうなると住宅ローンの変動金利も上昇します。2023年は様々なモノやサービスの値上げが予定されている他、人手不足や貿易赤字の影響により、インフレ率が高い状態が続く可能性があります。
フラット35

フラット35利用者が、住宅ローンでフラット35を選んだ理由

住宅ローンを選ぶとき、銀行の住宅ローンがいいのか、フラット35がいいのか迷う人も多いと思います。 そんな方のために、フラット35の利用者たちがどういった理由で選んだのか?アンケート調査の結果から選んだ理由をご紹介します。
フラット35

フラット35はやめたほうがいい?銀行や不動産会社がおすすめしない理由

住宅ローンに低い金利や、銀行独自の特典、充実した団体信用生命保険を求める方や、頭金を1割用意できない方はフラット35はやめたほうがいいです。フラット35を銀行が勧めない理由は、儲からないから。不動産会社が勧めない理由は、金利の低い変動金利の方が売りやすのと、手続きが面倒だからです。
・住宅ローン

賃貸で暮らす人が激減するかもしれない?残価設定型住宅ローンの話し

国土交通省は、残価設定型住宅ローンの開発に取り組んでいるようです。残価設定型ローンの仕組みや、メリット・デメリットを解説したうえで、住宅で利用された場合を想定してシュミレーションしてみました。
自主管理マンション

自主管理マンションは、住宅ローンが使えない?物件を購入する際の注意点を解説

自主管理のマンションは、住宅ローンが使えない場合があります。 この記事では、自主管理マンションで住宅ローンが使えない理由と、ローンが使えない物件の3つの特徴、使える可能性がある住宅ローンを解説しています。自主管理マンションの購入や売却で困っている方は是非ご覧ください。
フラット35

フラット35とは? フラット35の種類とそれぞれの特徴についてわかりやすく解説

フラット35とは、わかりやすく言うと政府がつくった住宅金融支援機構というところが、民間の金融機関(銀行やローン会社)を通して販売している、住宅ローン商品の名称です。民間銀行の住宅ローンにはない様々なメリットがあります。
フラット35

住宅ローン【フラット35】の返済困難な人が、返済額を減額してもらう方法

コロナウイルスの影響で、職を失ってしまったり収入が減少してしまった方も多いと思います。今回はフラット35の返済が困難になってしまった方が、返済額を減額してもらう方法を返済額変更手続きの流れ、減額方法の種類と利用条件の順にわかりやすく解説します。
・住宅ローン

変動金利・固定金利どっちがおすすめ?住宅ローン金利の選び方とメリット・デメリットについて解説

住宅ローンの固定金利と変動金利について、借入期間別のおすすめの金利タイプの選び方と、メリット・デメリット、今後金利がどうなるかについても解説します。
・住宅ローン

永住権ない外国人の方でも住宅ローンを利用できる銀行一覧 

日本の永住権がない外国人の方でも、住宅ローンが利用できる可能性のある銀行をご紹介します。日本のほとんどの銀行では、永住権がないと住宅ローンを組めませんが、いくつかの銀行では多少の条件が付く場合があるものの、永住権がなくても住宅ローンを組むことができる銀行もあります。
タイトルとURLをコピーしました