防火防災管理講習の体験談!講習内容と受講した感想をレポートします

スポンサーリンク
本所防災館

先日、消防が行っている防火・防災管理新規講習を受けてきました。場所は東京墨田区にある、本所防災管です。

今後受講する方の参考になると思いますので、受講内容と感想をレポート致します!

スポンサーリンク

防火防災管理講習とは?

防火防災管理講習とは、防火管理者または防災管理者になるための資格を取得する講習です。

消防署が行っている講習で、東京都の場合講習会場は3カ所しかありません。

・試験講習上(消防技術試験講習場) 千代田区外神田4-14-4

・立川防災館(立川都民防災教育センター) 立川市泉町1156ー1

・本所防災館(本書防災教育センター) 墨田区横川4-6-6

2日間、9時から17時までの講習で、座学の他に実技講習もあります。

受講料は、教材費として5,500円かかります。(申込時点ではお金はかかりません。受講当日お金を払って教材を購入します。)

受講の申込は、東京都在住の方は東京都内の各消防署、消防分署または出張所です。

講習に関して詳しくは、東京消防庁のサイトをご覧ください。

防火管理者・防災管理者とは?

防火管理者とは、消防法第8条で、一定規模以上で多数の人が出入りする建物に設置することが定められております。

主な業務は、以下になります。

・消防計画の作成

・消防、避難訓練の実施

・消防施設や設備の維持・点検・整備

防火管理者には、乙種と甲種という二種類があります、

乙種防火管理者は、比較的小規模な建物の防火管理を行うことができます。

甲種防火管理者は、乙種防火管理者が管理する建物に加え、比較的大規模な建物や、小規模でも老人や障害者など避難困難者がいる建物の防火管理を行うことができます。

防火防災管理者講習を受講すると、甲種防火管理者になることができます。


防災管理者とは、 消防法第36条で設置することが定められており、かなり大規模な建物で必要となります。

主な業務は、以下になります。

・消防計画の作成

・避難訓練の実施

・その他必要な防災管理上の業務

やることは、防火管理の【防災】版です。火災ではなく地震などの災害対策といっていいでしょう。

防火防災管理講習の受講内容

受講内容とスケジュールは以下のようになっていました。

<1日目>

・過去の災害事例と防火・防災管理制度

・火災に対する基礎知識

・火災事例と出火防止対策

・施設・設備の維持管理

・消防用設備等の操作要領(実技)

<2日目>

・地震・その他の災害対策

・自衛消防の活動

・災害対策の実施要領(実技)

・消防計画の作成要領

・防火・防災管理の進め方

・効果測定

受講当日の最初に、テキストを5,500円で購入します。

防火防災講習で使用するテキスト

購入するテキストは3種類で、A4サイズですがどれも非常に分厚く重たいです。

1日目終了時は、テキストを置いて帰ってもいいので楽ですが、2日目終了時は持って帰るので、リュックサックのようなものを持参した方がいいかもしれません。

愛雄テキストが一番分厚くて重いのですが、一番使いません(笑)

テキストを使った座学の他に、消火器や消火栓などの消防設備の使い方や注意点を学んだり、三角巾を利用した救護の仕方などの実技講習もあります。

最後に効果測定という名のテストがあります。

テストは、計20問の正誤問題で非常に簡単です。試験中はテキストを見ることはできません。

講習中に、テストにでる部分を『ここがポイントです!』と言って、教えてくれます。

一応効果測定で一定基準に達していない場合は、居残りで補講を受けなければいけないとのことでしたが、90名近くいた中で補講を受けなければならない人は一人もいませんでした。

防火防災管理講習を受けた感想

実際に受講した感想としては、受講前に想像していたより面白かったし、すごく勉強になりました。

時間も二日間9時から約17時までと、それなりに長いですが、自分の場合は割とあっという間でした。

どちらかというと、防火管理者や消防計画の作成の仕方など、事務的な部分が一番退屈で眠かったです。(これをやるために、講習受けているのですが…)

特に印象に残った部分などを、少しご紹介します。

過去の大規模火災事故が起きた原因などが、興味深い

講習の最初に、過去日本で起きた7件の大規模な火災事故について、事件の概要・なぜ火災が起きたのか・なぜ被害がここまで拡大したのかについて勉強します。

物事には何でも理由があると言いますが、どれも起こるべくして起きているという印象を受けました。

共通する一番の理由は、建物所有者・テナント従業員の防災意識の低さなんだと思います。

意識が低いので、

・消防設備の維持管理をしていない ⇒ いざという時、設備が作動しない

・消防設備の使い方がわからない ⇒ 初期消火ができない

・どうしていいかわからない ⇒ 通報しない、お客さんを避難誘導しない

・避難ルートなどにものが置かれている ⇒ 避難できない、放火される

取り上げられた事例で百人以上の方が亡くなっているものもありますが、事例の中には、火事を見つけた人がすぐ119番通報していたり、消火器の正しい使い方を知っていただけで防げたようなものもあります。

正直この部分だけでも、とても勉強になりました。

防火管理や消防法への理解が深まる

まず第一に、防火管理などについてはビルオーナーや不動産賃貸業・管理業をしている会社、入居するテナント企業など多くの人に関係することですが、基本的に普段消防法のことなど勉強する機会はないと思います。

なんとなく防火管理者についてや、消防点検、消防への届け出が必要なことは知っているけど、詳しいことはよくわからないという人は、講習を受講することで頭の中がスッキリします。

どういった建物の規模・用途などによって、何をしなければいけないのか?どういうルールになっているのか、よくわかります。

防災対策や、消防設備への理解が深まる

様々な防災対策や消防設備についても学びます。

特に消防設備に関しては、施設内で実際に様々な設備を見ながら説明を受けますので、わかりやすいですし、勉強になります。

消防設備の中には、使い方を間違えると大変危険なものや、水浸しになって火災よりも被害が大きくなるものもあります。

知っているだけで防げる事故もあるので、為になる知識が身に付きます。

まとめ

仕事で防火管理者・防災管理者になる人はもちろん受講する必要がありますが、そういったことを抜きにして、消防・防災の為になる知識が身に付きます。

講習終了後のテストは、非常に簡単な正誤問題ですので、心配しなくて大丈夫です!

タイトルとURLをコピーしました