ハザードマップでわかる名古屋市熱田区の災害リスク

名古屋市熱田区の七里の渡し跡

近年、地震や台風による洪水、土砂災害などの自然災害が多発しており、災害に対する注目度も上がっています。

自然災害の被害にあうと、経済的な損害だけでなく命の危険もあります。

・名古屋市熱田区に住みたい、家を購入したいけど、どこがいいのかわからない

・住むなら災害に強い安全な場所に住みたい

・熱田区のどこにどんな災害リスクがあるのか知りたい

そんな方のために、地震・洪水・津波・高潮・液状化・土砂災害などのハザードマップを見て、名古屋市熱田区のどの街が災害に強い安全な街なのか?どの街が災害の危険度が高い街なのか、災害リスクを調査しました。

熱田区は、区の中央に少し標高が高い熱田台地という台地が存在します。その台地を東・南・西と3方向を取り囲むように、低地が広がっています。

地震に関しては、中央部から北東部が比較的揺れにくい想定となっています。

台地上にある街は、液状化の可能性が高いものの、洪水・内水氾濫・津波・高潮など水害全般に強いです。

逆に低地部分は、水害全般に弱いため注意が必要です。低地部でも東側は少し標高が高くなっているので、区の西側や南側の低地部に比べると水害の危険度が少し低くなります。

区内に災害の危険性があるため池や、土砂災害の危険性が高い場所は存在していません。

熱田区内で比較的安全なのは、中央にある台地上の街と、東側中央部にある街です。

スポンサーリンク

ハザードマップとは

そもそもハザードマップってなに?という方のために、簡単にご説明致します。

ハザードマップとは、自然災害の危険性が高い場所を、危険度別に色分けして表示している地図です。避難場所や避難経路についても記載されています。

災害の危険性が高い場所に住んでいる人が、

・危険を認識すること

・災害時にスムーズかつ迅速に避難できるようにすること

・事前に災害対策をすることにより被害軽減を図るため

に作成されています。

最近では、マイホームを購入するときの参考資料としても利用されています。

ハザードマップには、自然災害によって様々な種類があります。

自然災害の危険性は住んでいる場所によって異なるので、全ての市区町村に全ての種類のハザードマップがあるわけではありません。

例えば海に面しておらず、海から距離のある場所や標高の高い場所では、津波ハザードマップはありません。

公表しているハザードマップの種類が多いところほど、自然災害の危険性が高いとも言えます。

ハザードマップについてもっと知りたいという方には、詳しく解説している記事がありますのでそちらをご覧ください。

ハザードマップとは何か?種類や見方、活用方法などをわかりやすく解説します!

また、自然災害の危険性は住んでいる場所以外に、起こる災害によっても変わってきます。

災害ごとのチェックすべきハザードマップは、以下になります。

・地震が起きた場合

地震(揺れやすさ)・液状化・津波・土砂災害・ため池

・台風が来る場合

洪水・内水・高潮・土砂災害

・火山が噴火した場合

火山(噴火)ハザードマップ

それでは、実際に様々な資料を見ていきます。

名古屋市熱田区の【地形】

各災害の危険性を見る前に、熱田区の地形がどうなっているのか見ていきたいと思います。

災害の危険性が高い場所は、主に周囲に比べて標高の低い場所(低地)急激に標高が変わる場所(急傾斜地)川や海沿いの地域になります。

これらは、色別標高図を見れば大体のことがわかります。

下の図は、熱田区の色別標高図です。

色別標高図からは色の違いや、色が変わっている部分の形で以下のようなことがわかります。

・濃い青色の場所

海抜0m地帯

・薄い青から水色の場所

低地の平野

・黄色やオレンジ、赤色など、同じ色が広範囲に広がっている場所

平坦だけど標高が高い台地

・青や水色からオレンジや赤に狭い範囲で色が変わっている場所

低地と台地の境目や丘陵地など、急な傾斜地

熱田区は区の中央に、北から南東に向かって少し標高が高い熱田台地という台地が存在します。その台地を東・南・西と3方向を取り囲むように、低地が広がっています。

低地の中でも南西部は地盤沈下の影響により、海水面より標高が低い海抜0m地帯が存在します。

区内には、中央部を南北を貫くように堀川が、区の東側の瑞穂区との区界を新堀川が流れています。他の区に比べると、区内を流れる河川の数が少ない区です。(河川については後程くわしく解説します)。

地質としては、低地部分には河川に運ばれてきた砂・石・泥などからなる沖積層という地層が広がっています。沖積層は軟弱な地盤で、地震や液状化、地盤沈下などのリスクが高いという特徴がある地層なので注意が必要です。

台地部分には、上部に軽石を含む砂の層、下部には泥の層があります。低地の沖積層に比べると良好な地盤です。

熱田区の地形がわかったところで、各ハザードマップでは実際にどのようになっているのか、詳しくみていきましょう。

名古屋市熱田区の【地震】危険度

地震危険度は、【 熱田区 地震ハザードマップ 】をもとにみていきます。

地震ハザードマップは、南海トラフで地震が発生した場合(マグニチュード9.0)に、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの結果を想定して作成されています。

予想される震度によって色が分かれており、色と震度の関係は以下の通りです。

赤 … 震度7 オレンジ … 震度6強 黄色 … 震度6弱 緑色 … 震度5強 青色 … 震度5弱

下の図は、地震ハザードマップに記載されている熱田区の震度予想図です。

名古屋市熱田区の地震ハザードマップ(震度)
出典:名古屋市 熱田区地震ハザードマップ(震度)

熱田区では、全体の7~8割くらいの地域で震度6強、残り2~3割の地域で震度6弱の想定となっています。

中央部や北東部で、予想震度が低い傾向にあります。

名古屋市の他の区と比べると、予想される震度は高い方で、危険性の高い区と言えます。

1944年に発生した東南海地震(マグニチュード7.9)は、ハザードマップが想定しているのと同じ、南海トラフを震源とする地震でしたが、熱田区では死者が4名、住宅区被害が数百件に及び、名古屋市の中でも比較的被害が大きい区の一つでした(東区/歴史に見る東区防災マップ)。

揺れが大きいと予想される理由は、震源からの距離が比較的近いことと、沖積層という軟弱な地盤も関係しています。

軟弱な地盤は揺れやすいだけでなく、液状化しやすいという特徴もありますので、次は液状化危険度を見ていきます。

名古屋市熱田区の【液状化】危険度

液状化とは、地震による揺れで地中の水分と砂や土などが分離したような状態になり、地面が一時的に液体のように柔らかくなる現象です。

建物などの重たいものは沈み、地中にある下水管などの比重の軽いものは逆に浮き上がってきます。

巨大な地震が発生した際に地盤が緩い場所・地下水位が浅い場所で起こりやすい現象です。

液状化についても名古屋市が公表している【 熱田区 地震ハザードマップ 】をもとにみていきます。

液状化予想図は、液状化する可能性の高さによって色別で表示されており、色と発生可能性の関係は以下になります。

・赤色 … 液状化発生の可能性が高い

・黄色 … 液状化発生の可能性がある

・緑色 … 液状化発生の可能性が低い

・灰色 … 液状化発生の可能性は極めて低い

下の図は、地震ハザードマップに記載されている熱田区の液状化予想図です。

名古屋市熱田区液状化ハザードマップ
出典:名古屋市 熱田区地震ハザードマップ(液状化)

熱田区は、中央から西側にかけての地域で液状化する可能性が高いです。

東側の低地部分では、液状化発生の可能性が低い場所が多くを占めています。

液状化の危険性が高い場所は、地盤沈下も起きやすく、家を建てるときに地盤改良工事が必要になることも多いので注意が必要です。

名古屋市熱田区のため池による水害危険度

名古屋市内には複数のため池がありますが、熱田区では災害危険性の高いため池は存在していないため、ため池ハザードマップも公表されていません。

ため池ハザードマップが公表されている区は、千種区・東区・名東区・緑区・守山区・天白区の6区です。

名古屋市熱田区の【洪水】危険度

大雨が降ると水害の危険性が高くなりますが、大雨の影響で起こる水害には、大きく分けて2種類あります。

1つ目が洪水で、2つ目が内水氾濫と呼ばれるものです。

洪水とは、大雨で河川の水量が急激に増加し、川の水が市街地などに溢れてくることをいいます。

内水氾濫とは、大雨で降った雨水の量が下水道や河川の処理能力を上回り、市街地に溢れ出てくることをいいます。

命の危険性や建物が流される危険性は、川の水の方が勢いが強いので、洪水の方が高いです。特に堤防が決壊した場合は、大量の水が一気に流れ込んでくるため、非常に危険です。

それに対して、内水氾濫では建物が流されるようなことは基本的にありませんが、丘陵地の周囲より低い土地や、すり鉢状になった土地の底に位置する場所では、急激に周囲の水が集まることにより、短時間で浸水する可能性があります。

それぞれの危険性を見る前に、水害と関係性の深い、河川についてみていきたいと思います。

熱田区を流れる河川

名古屋市熱田区の河川
名古屋市熱田区の河川 グーグルマップをもとに作成

熱田区には、中央を北から南に貫くように堀川が、東側の瑞穂区との境目を新堀川が流れています。

堀川は、名古屋市の中心部を流れている川で、元は庄内川から分岐する形で始まる川です。

もともと存在していなかった川ですが、1610年に名古屋城の築城にあわせて、物流用水路として開削されて人工的に作られた河川です。大雨が降った際に、庄内川や谷田川の水や、市街地の雨水を排水し、街を水害から守る役割もありました。

新堀川は、元は精進川という川でしたが、洪水がよく起きて危険だったことから現在の流路に付け替えられ新堀川になり、精進川は埋め立てられました。

現在は、河川の流入のない運河となっています。

河川の近くは、大雨の際に氾濫するなど水害の危険性が高い場所です。実際にハザードマップで水害危険度を見ていきたいと思います。

名古屋市熱田区で【河川が氾濫した場合】の危険度

河川が氾濫した場合の危険性は、【 熱田区 洪水ハザードマップ 】をもとにみていきます。

洪水ハザードマップでは、庄内川や矢田川、香流川など市内の大きな河川が氾濫した場合のみを想定しております。

堀川や新堀川の氾濫は想定しておりません。

まずは洪水による浸水想定区域と、浸水深からです。

名古屋市熱田区洪水ハザードマップ(浸水深)
出典:名古屋市 熱田区洪水ハザードマップ

熱田区では、想定最大規模の大雨で庄内川など市内の大きな河川が氾濫した場合、堀川より西側の地域が浸水する想定となっています。

想定浸水深は深いところで1.0m~3.0m未満となっており、戸建やマンションの1階では床上浸水する可能性があります。

川が氾濫した場合に浸水するだけでなく、家屋が洪水に流される可能性のある【家屋倒壊等氾濫想定区域】に指定されている場所はありません。

続いて洪水が起きた場合、どれくらいの時間水に浸かり続けるのか、浸水継続時間を見ていきたいと思います。

名古屋市熱田区洪水ハザードマップ(浸水継続時間)
出典:名古屋市 熱田区洪水ハザードマップ

熱田区の南西部は、海抜0m地帯も存在するような低地のため、浸水継続時間が2週間以上になる可能性があります

北西部は浸水はするものの、標高が南西部に比べると高いため、浸水深が浅めで浸水継続時間も短時間になる見込みです。

浸水が2週間以上続くような場所では、相当な量の災害用品を備蓄しておかないと、持ちこたえることは困難です。台風や線状降水帯の発生などの予報を聞いたら、躊躇(ちゅうちょ)せず災害が発生する前に避難しましょう。

名古屋市熱田区で【内水氾濫が発生した場合】の危険度

内水氾濫が発生した場合の危険性は、【 熱田区 内水ハザードマップ 】をもとにみていきます。

内水ハザードマップは、想定し得る最大規模の降雨( 時間当たり156mm 、24時間で836mm)により、下水道・中小河川(洪水ハザードマップで氾濫を想定していない河川)が氾濫した場合を想定して作成されています。

ニュースなどでは、予想雨量や既に降った雨量が報道されますので、ハザードマップで想定されている水準と比べて近い水準または、超えるような場合は注意が必要です。

まずは浸水想定区域と、浸水深をみていきます。

名古屋市熱田区内水ハザードマップ(浸水深)
出典:名古屋市 熱田区内水ハザードマップ

内水氾濫では、区の中央部以外は全体的に浸水する想定となっております。

浸水深に関しては、東側にある新堀川沿いの深いところで1.0m~3.0m未満になると予想されています。西側は0.5m~1.0m未満です。

つづいて、浸水継続時間をみていきます。

名古屋市熱田区内水ハザードマップ(浸水継続時間)
出典:名古屋市 熱田区内水ハザードマップ

浸水継続時間が長い場所は、南側の長いところで12時間~1日未満(道路部分を除く)それ以外の場所では12時間未満となっています。

河川の氾濫による洪水に比べると、浸水継続時間も短いと予想されています。

詳細な範囲については、ご自身で内水ハザードマップをご確認下さい。

名古屋市熱田区の【津波】危険度

次は津波の危険性を、【 中村・熱田・中川区 津波ハザードマップ 】で確認していきます。

南海トラフ巨大地震では、太平洋側の広い範囲に大きな津波が来ると予想されており、名古屋市の津波ハザードマップでは、過去最大クラスの津波が発生した場合を想定して作成されています。

熱田区は直接海に接していませんが、比較的近い位置にあることにくわえ、海沿いから熱田区までは平坦な低地が続いているため、津波で被害を受ける危険性があります。

下の図は左側が津波で浸水する範囲と深さ、右側が津波が到達する時間(浸水深が30cmに達するまでの時間)を表しています。

名古屋市熱田区 津波ハザードマップ(浸水深)
出典:名古屋市 中村・熱田・中川区 津波ハザードマップ

熱田区では、津波が発生すると堀川の西側が浸水する可能性があります。

浸水する深さは南側の方が深く、深いところで1.0m~3.0m未満に達する見込みです。津波は内水氾濫と違って、かなり勢いがありますので、深い場所では家屋が流される危険性もあるかもしれません。

地震発生から津波が到達するまでの時間は、南側の一番早いところで20~30分で到達してしまいます。到達時間が早い場所では、浸水深も深くなると予想されていることが多いでの注意が必要です。

右の図でオレンジ色で示されている場所にお住まいの方は、特に注意が必要です。大きな地震が発生した際は、速やかに高台に避難しましょう。

名古屋市熱田区の【高潮】危険度

高潮とは、台風や低気圧の接近により、海水面が吸い上げられたり、強風で吹き寄せられることによって、海水面が上昇する現象のことです。

海水面が上昇すると、河川の水位も上昇しますので、標高の低い場所では広い範囲で浸水し、長時間に渡って浸水し続ける可能性がある、非常に危険な災害です。

名古屋市が公表している【 熱田区 高潮ハザードマップ 】をもとに、高潮危険度をみていきます。

高潮ハザードマップは、過去日本に上陸した最大台風である室戸台風規模の気圧を有する台風(中心気圧 910hPa)が、満潮時に三河湾・伊勢湾岸に最も大きな影響を与える経路を通過した場合のシミュレーション結果をもとに作成されています。

ニュースなどで台風が来ると報道される際は、中心部の気圧についても報道されますので、910hpaに近い水準では、実際にハザードマップと同様のことが起こりうるので、より注意が必要です。

まずは高潮の浸水想定区域と、浸水深を見ていきます。

名古屋市熱田区高潮ハザードマップ(浸水深)
出典:名古屋市 熱田区高潮ハザードマップ

大規模な高潮が発生すると、中央にある台地や東側の一部以外は、大部分が浸水する想定となっております。

特に堀川の西側が深く浸水すると見込まれており、浸水深は3.0m~5.0m未満にも達する可能性がありますので、非常に危険です。

上の図で赤またはピンク色で示されている場所では、災害が発生する前に早めに避難所に指定されている場所に避難するか、既に高潮が発生して避難所への移動が困難な場合は、自宅の2階や3階など高い場所へ垂直避難するしかありません。

続いて、高潮の浸水継続時間を見ていきたいと思います。

名古屋市熱田区高潮ハザードマップ(浸水継続時間)
出典:名古屋市 熱田区高潮ハザードマップ

浸水継続時間は、区の南東部や南西部では1週間以上、その他の場所では12時間未満になると想定されています。

赤い場所では、高潮が発生した後では自主的に避難することは困難ですし、マンションなどの高い階でやり過ごそうと思っても、災害用品をかなり備蓄していないと難しいと思います。

名古屋市熱田区の【土砂災害】危険度

土砂災害とは、地滑り・急傾斜地の崩壊・土石流などのことをいい、低地と台地の境目や丘陵地など、高低差の激しい場所で、大きな地震や大雨が発生した際に起こりやすい災害です。

土砂災害の危険性については、愛知県が発表している【愛知県における土砂災害警戒区域等の指定及び基礎調査の結果の状況】(令和4年7月22日現在)の情報をもとに、熱田区の土砂災害警戒区域の数を調査しました。

熱田区には土砂災害警戒区域等が、存在しません。

平坦な地形をしているため、土砂災害の危険性はない街です。

まとめ

熱田区は、区の中央に少し標高が高い熱田台地という台地が存在します。その台地を東・南・西と3方向を取り囲むように、低地が広がっています。

地震に関しては、中央部から北東部が比較的揺れにくい想定となっています。

台地上にある街は、液状化の可能性が高いものの、洪水・内水氾濫・津波・高潮など水害全般に強いです。

逆に低地部分は、水害全般に弱いため注意が必要です。低地部でも東側は少し標高が高くなっているので、区の西側や南側の低地部に比べると水害の危険度が少し低くなります。

区内に災害の危険性があるため池や、土砂災害の危険性が高い場所は存在していません。

熱田区内で比較的安全なのは、中央にある台地上の街と、東側中央部にある街です。

災害危険度の高い場所に住まれている方は、自分が災害に弱い場所に住んでいることをしっかりと認識し、災害用品を揃えたり、避難所や避難経路の確認、災害が事前に予想できる場合は早めに避難するなどの対策をすることをオススメします。

これから家を購入しようと思っている方は、災害の危険性をしっかり認識したうえで決断しましょう。

熱田区の各災害に対する特徴は、以下になります。

・地震について

全体の7~8割くらいの地域で震度6強、残り2~3割の地域で震度6弱の想定。中央部や北東部で、予想震度が低い傾向にある。

・液状化について

中央から西側にかけての地域で液状化する可能性が高い。東側の低地部分では、液状化発生の可能性が低い場所が多くを占めている。

・水害について

中央の台地部以外は低地となっているため、全体的に水害に弱い傾向にある。東側は低地の中でも少し標高が高くなっているので、危険度も少し低い。

・津波について

堀川の西側は、津波が発生すると浸水する可能性がある。特に堀川沿いの南部は、津波到達時間が早いので注意が必要。

・高潮について

低地部は全体的に浸水する可能性がある。特に堀川西側の危険度が高い。

土砂災害について

土砂災害警戒区域等に指定されている場所はないので、土砂災害の危険性はない。

マイホームを購入する予定がある方は、今回の調査結果を参考にして頂いて、最終的には詳細な位置の災害危険性をハザードマップなどでしっかり確認しましょう!

また、日頃から災害対策をしておくことも重要です。自然災害は広範囲に影響を及ぼすので、安全な街に住んでいても、ライフラインが使えなくなる可能性があります。

防災用品を用意するなど、万が一のことが起こっても大丈夫なように対策しておきましょう!

当サイトでは、名古屋市で安全な街(区)はどこなのか調査して、ランキングにした記事もございますので、興味のある方は是非ご覧ください。

熱田区は、16区中11位にランクインしています。

>>ハザードマップで見る【名古屋市】災害に強い安全な街ランキング

また、名古屋市の他の区の災害危険度をハザードマップをもとに調べた記事もありますので、興味のある方はご覧ください。

< 名古屋市の区別災害リスクを調査した記事 >

その他、当サイトではマイホームを購入する際の優先順位として、1番が災害に対する安全性、2番が利便性、3番が資産価値だと考えております

名古屋市で資産価値の高い街はどこなのか、調査してランキングにした記事もありますので、興味のある方は是非ご覧ください!

>>名古屋市【住宅地】地価ランキング2022 資産価値が上がる街・高い街

家選びの優先順位について、解説した記事もあります。

>>家を購入するときの選び方の優先順位は?災害に強く、便利で、資産価値の高い家を買おう!

タイトルとURLをコピーしました