住宅ローンの本審査が不安… 本審査に落ちる理由とは?

スポンサーリンク

売買契約を結んで頭金も払った後、もし本審査に落ちてしまったらどうしよう...なんて不安に思う人も多いと思います。

事前審査に通っている場合、本審査で落ちることはほとんどありませんが、稀に本審査が通らない方がいらっしゃいます。本審査で落ちると、基本的には契約解除となってしまいます。

今回は本審査で落ちる人とは、どんな人か説明します。

どんな人・どんな場合に本審査に落ちるのかがわかりますので、知っていれば本審査に通る可能性を高めることができます。

スポンサーリンク

住宅ローンの本審査に落ちる4つの理由

住宅ローンには、物件の売買契約前に行う『事前審査』と、売買契約後から決済前の間に行う『本審査』があります。

まず初めに、本審査で落ちる人は滅多にいません。ではどういう人が落とされるかというと主に4つのりゆうがあります。

1、事前審査のとき、申告内容について嘘をついている

2、事前審査後に、新たな借り入れをしている

3、事前審査後に、既存の借入が約束通り返済できていない

4、団体信用生命保険に加入できない

1、事前審査のとき、申告内容について嘘をついている

事前審査と本審査では、提出する書類に違いがある場合があります。事前審査で自己申告した情報が、本審査で提出した確認書類の情報と違った場合、審査基準から外れて落ちてしまう場合があります。

また、銀行は借りる人が信用できるかどうかを重視しています。申告内容で嘘をついてる場合、信用できない人物として扱われます。

嘘をついても後でばれますので、必ず正直に話しましょう。

2、事前審査後に、新たな借り入れをしている

住宅ローンの審査では、返済比率(返済負担率ともいう)というものを審査可否の判断材料として重視しています。返済比率とは 年間返済総額 / 税込み年収 で算定される割合です。要は、年収のうちどれくらいの割合を返済に回さなければいけないのか?という数値です。返済比率が高い場合は、月々の返済が厳しい状態ということです。

注意しなければいけないのは、返済比率の計算に用いる返済額は、今回借りる住宅ローン以外の返済も含んで計算されることです。例えば、車のローンや奨学金、キャッシングなどの返済も含まれます。

事前審査後に新たな借り入れをしている場合、この返済比率が悪化して金融機関の審査基準から外れてしまう場合があります。その場合本審査に落ちてしまうことがあります。

事前審査後~本審査中には、絶対に新たな借入はやめましょう。

3、事前審査後に、既存の借入が約束通り返済できていない

金融機関は、審査のときに個人の信用情報を見て、クレジットカードや自動車のローンなどの返済を約束通り行っているのか確認します。

事前審査時点では問題なくても、事前審査通過後に既存の借入の返済ができていなかった場合、住宅ローンの返済も危ういとみなされ、本審査で落ちることがあります。

たまたま忘れていて、一度だけならそれほど影響しないことが多いですが、事前審査~本審査の間に2か月連続や、複数のローンの返済ができていない場合は、危険です。

既存の借入の返済には注意しましょう。

4、団体信用生命保険に加入できない

団体信用生命保険(通称、団信)は、契約者が死亡や高度障害になった際に、住宅ローン残高と同等の保険金が支払われ、住宅ローン返済が免除される保険です。

基本的に民間銀行では、住宅ローンを借りる際団信への加入が義務付けられており、団信が組めないと住宅ローンを借りることはできません。

多くの場合、事前審査の段階で団信の審査をすることは稀だと思います。本審査のとき初めて団信の審査をして加入できなかった場合、民間の住宅ローンでは本審査に落ちてしまいます。

実際に持病持ちの方で、団信に加入できずに人は、住宅ローンの審査で落ちてしまう方がいらっしゃいます。

そういった方でも借りることができる住宅ローンが、住宅金融支援機構の住宅ローン、【フラット35】です。

フラット35は、団体信用生命保険への加入が任意です。

家を購入しようとしている方で、持病のある方は、はじめから民間銀行の住宅ローンだけでなく、フラット35にも審査を申込んでおくことをおすすめします。

しかし、フラット35は利用できる物件とできない物件がありますので、注意が必要です。

フラット35についてご興味のある方は、詳しく解説した記事がありますので、是非ご覧ください。

住宅ローンの本審査に落ちたときにするべきこと

住宅ローンの本審査に落ちた場合は、すみやかに仲介会社の担当者または、売主に報告して下さい。

住宅ローンの本審査は、基本的に不動産の売買契約後です。売買契約時ということは、手付金も数百万円支払っていると思います。

不動産の売買契約書には、通常、住宅ローンの本審査に通らなかった場合に備えて、ローン特約が記載されています。

ローン特約とは、住宅ローンの本審査に落ちた場合、契約をなかった状態にできる(白紙解除)というもので、支払った手付金は返してもらえますし、契約不履行による損害賠償等も請求されません。

しかし、ローン特約と一言で言っても、記載されている内容によっては白紙解除できなくなる可能性もあるので、記載内容には十分注意して下さい。

特に、解除期限が重要なので、解除期限前に売主側に本審査に落ちて契約解除したい旨を伝えないと、手遅れになる可能性があります。

ローン特約についての注意事項をまとめた記事がありますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

ローン特約解除期限が過ぎてしまうと、手付金が返ってきません。

まとめ

< 本審査に落ちる4つの理由 >

1、事前審査のとき、申告内容について嘘をついている

2、事前審査後に、新たな借り入れをしている

3、事前審査後に、既存の借入が約束通り返済できていない

4、団体信用生命保険に加入できない

上記が主な理由ですが、基本的に団信が通り、事前審査の内容に嘘がなく、住宅ローン以外の借入について事前審査のときの状態と変わらなければ、落ちることはありません。

持病がある方は、事前審査の段階で団信の審査も受けてみるか、団信加入が任意のフラット35に申し込むことをお勧めします。

万が一、住宅ローンの本審査に落ちた場合は、速やかに仲介会社の担当者または、売主に報告しましょう。

解除期限が過ぎた場合、ローン特約が利用できず、手付金が返ってこない可能性があります。

スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
・住宅ローン
スポンサーリンク
なおきちをフォローする
イエゼミ
タイトルとURLをコピーしました