家を買うとき、住宅ローンの頭金の相場とは?返済比率が関係します!

スポンサーリンク

実際にどれくらい、頭金を入れるのが相場なのかは、『返済比率』(総返済負担率など他の言い方もある)という数値が関係してきます。

返済比率とは、すべての借入れ(※住宅ローンの他、自動車ローン、教育ローン、カードローンなども含む)に関して、年収に占める年間合計返済額の割合のことです。

わかりやすく書くと 1年で返す借金の総額 ÷ 年収 です。

フラット35という、住宅金融支援機構がやっている住宅ローンがありますが、こちらのホームページには申込要件として、以下の記載があります。

総返済負担率が次の基準を満たす方

年収400万円未満 ・・・ 30%以下  年収400万円以上 ・・・ 35%以下

この基準に満たない場合は、頭金を用意しなければいけません。

例えば、年収500万円の人の場合、返済額は年間175万円以下に抑えなければいけません。(500×0.35=175)住宅ローン以外の借入がなかった場合、金利1.3%・返済期間35年で計算すると約5,000万円がボーダーラインとなってきますので、それ以上の価格の物件を購入する場合は、はみ出した分頭金が必要となります。

返済比率は、1年で返す借金の総額 ÷ 年収 ですので、返済期間が長い方が1年で返す借金の総額が少なくなるので、頭金が少なくて済むことになります。また、金利が低い場合も同様です。

この基準を満たしている場合は、住宅ローンを借りるとき、必ずしも頭金を入れる必要はありません。頭金を払うどころか、物件価格以外に諸費用分まで借りることができる場合があります。

注意点

・全ての銀行がこの返済比率の数値を採用しているわけではありません。民間銀行の方が審査は厳しい傾向にあります(返済比率がもっと低くなければいけない)。

・返済比率は住宅ローン審査の主要な審査項目のひとつですが、返済比率だけで判断しているわけではありません。どれくらい貯金があるか、勤め先、勤続年数など他にも審査項目はあります。

・今回の話しは、あくまで住宅ローン審査に通る頭金の額について記載しましたが、住宅ローン審査に通っても、毎月無理なく返済できなければいけません。頭金の額は審査に必要な金額だけでなく、住宅ローンの返済が、毎月無理なく返済できる返済になるように頭金を入れましょう!

最後に、便利なローン計算ができるサイトのリンクを張っておきます

ローン計算 | 金利計算 シミュレーション
住宅ローンシミュレーションの決定版。毎月の返済額や返済予定表を表示します。
スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
・住宅ローン
スポンサーリンク
なおきちをフォローする
イエゼミ
タイトルとURLをコピーしました