閑静な住宅街に住みたい人のために、メリット・デメリットと探し方を解説

スポンサーリンク

閑静な住宅街に住みたいと思っている方も多いと思いますが、閑静な住宅街がどんな街で、どこにあるのかよくわからないことも多いのではないでしょうか?

今回は、閑静な住宅街のメリット・デメリットなどの解説と、閑静な住宅街があるエリアの簡単な探し方をご紹介します!

スポンサーリンク

閑静な住宅街とは?

そもそも閑静な住宅街とは、どんな住宅街なのでしょう?

『閑静』とは、辞書によると「静かな」とか「落ち着いた」という意味です。

閑静な住宅街とは、店などがあまりない住宅が建ち並んだエリアで、人や車の通りが多くない静かな住宅のことを言います。

実はこの閑静な住宅街は、自然発生的にできている訳ではなく、自治体などが都市計画法という法律を基に、このエリアを閑静な住宅街にしよう!と決めて、そのような町になるように誘導しています。

自治体は都市計画で、用途地域というものを定めており、これにより建物の用途(何に使う建物か)、建蔽率、容積率などが決まります。

低層住居専用地域

特に閑静な住宅街にするために指定される用途地域は、低層住居専用地域という地域です。不動産業界用語では、一低層(いっていそう)と言われており、販売広告などにも一低層を売りにした文言が、記載されていることも多いです。

第一種と第二種の2種類があり、第二種低層住居専用地域は、床面積150㎡以下の店舗が建築可能なので、閑静さは劣ります。

第一種低層住居専用地域は、良好な住環境を保護する低層住宅地にするのが目的とされており、基本的に住居しか建てることができず、お店や事務所、工場などを建てたりすることはできません。

また、第一種低層住居専用地域に建っている一戸建てなどを、店舗や事務所、工場として使用することもできません。

※例外として、兼用住宅(1階がお店で2階に家があるような住宅のこと)で、非住宅部分の床面積が、50m²以下かつ建築物の延べ面積の1/2未満のものならお店や事務所も可能です。

なので、人が集まるような施設がなく、住宅しかない静かな環境が生まれるのです。

その他にも第一種低層住居専用地域は、高さや建蔽率、容積率などに関しても制限が厳しく、急に大きなマンションが建つこともありませんし、住宅と住宅の間隔が広く保たれた、解放感のある街並みとなります。一番多い建物は2階建ての一戸建てです。

中高層住居専用地域

低層住居専用地域の次に閑静な住宅街の用途地域が、中高層住居専用地域です。

中高層住居専用地域は、主に中高層住宅の良好な住環境を守るための地域とすることが目的とされており、低層住居専用地域に比べると建物の高さが高く、戸建ての場合3階建てが中心となります。

また、低層住居専用地域より駅に近い場所に多いため、低層住居専用地域に比べるとアパートやマンション、小規模な店舗などが多くなりますので、閑静さでは劣ります。

低層住居専用地域同様、第一種と第二種の2種類があり、第一種は500㎡以下の店舗が、第二種は1,500㎡以下の店舗と事務所が建築・利用可能になります。

閑静な住宅街のメリット・デメリット

閑静な住宅街のメリット

静か

閑静な住宅街は人や、車の通り、お店の数が少ないので、町全体が静かです。

夜中外で騒いでいる人や、音を出すお店、車の騒音で寝れない、起こされるようなことは起こりづらいです。

車の交通量が少ない

閑静な住宅街は家があるだけなので、車の往来が少なく、静かなことに加えて交通事故の危険性も少ないです。

街がきれい

あくまで個人的な印象ですが、閑静な住宅街はゴミ出しのルールを守る人が多く、駅前などに比べるとポイ捨てなども少なく街全体がきれいなことが多いです。

閑静な住宅街のデメリット

駅から遠い場所にあることが多い

駅の近くは、お店が沢山ある商業地になっていることが多く、閑静な住宅街は駅から離れた位置にあるのが一般的です。

なので、交通利便性は駅近の物件に劣ります。

人気のない駅だと、駅の近くでも閑静な住宅街な場合があります。

買物が不便

閑静な住宅街は、大きなお店が存在しないので、離れた場所に買物に行かなければいけません。

防犯面で危険

閑静な住宅街は、人や車の通りが少ないので人目に付きにくいことに加え、高級住宅街が多いことから空き巣やひったくりなどの泥棒に狙われやすい傾向があります。

閑静な住宅街の探し方

具体的な探し方

閑静な住宅街は上述の通り、低層住居専用地域と中高層住居専用地域言っても過言ではないので、それらがどこにあるのかがわかれば、閑静な住宅街を探すことができます。

具体的な探し方についてですが、ほとんどの自治体のホームページで公開されている、都市計画図というものを見ます。

都市計画図を見れば、どこがどんな用途地域になっているか、一目でわかることができます。一例として東京都港区の用途地域を確認できるリンクを張っておきますので、興味のある方はご覧ください。

「港区都市計画情報提供サービス」>>https://www.sonicweb-asp.jp/minato/

各用途地域は、色分けで表示されているので、低層住居専用地域と中高層住居専用地域の色を凡例で確認して、都市計画図でどこにあるのか確認します。

低層住居専用地域が多いところは、低層住居専用地域だけ確認すればいいと思います。

大体の場所がわかったら、実際に足を運んでみて自分の目で見たり、騒音が多くないか、お店がどれくらいあるかなど町の雰囲気を確認してみましょう。

特に中高層住居専用地域では、住宅街にお店があったり古いアパートが密集していることもあります。そのような場合、閑静な住宅街とは言えないので、実際に足を運ぶのが重要です。

東京都心の閑静な住宅街

試しに、東京の都心3区(千代田区、中央区、港区)の閑静な住宅街事情を見てみると、まず、千代田区と中央区には、低層住居専用地域と中高層住居専用地域は存在していません!

この2区は、基本的に東京の商業の中心地なので、オフィスや店舗が多く、戸建てや低層マンションは殆どありません。また、全体的に人や車、電車が多いエリアです。

港区は、低層住居専用地域は極々一部に存在するだけですが、中高層住居専用地域は多く存在しています。具体的な場所は、南青山、赤坂6~8丁目、西麻布、元麻布、白金、白金台、高輪、三田2丁目、麻布台の一部、六本木の一部などです。(※上記の場所でも、大きな通りに近い場所は除く)

港区が、セレブに人気の秘密がこれだけでわかります。都心なのに閑静な住宅街が存在するからです。

私もひょんなことから、2年間だけ港区の閑静な住宅街に住んだことがありますが、どこに行くのにも便利なのに静かで過ごしやすかったです。

しかしたまに大きな通りを、高級スポーツカーが爆音で走り抜ける音が響いていたことがあり、港区らしい騒音問題がありました。

まとめ

閑静な住宅街は静かで落ち着きのある街のことを言う。

閑静な住宅街は、低層住居専用地域と中高層住居専用地域にある。

閑静な住宅街のメリットは、以下の3つ

・静か

・車の交通量が少ない

・町がきれい

閑静な住宅街のデメリットは、以下3つ

・駅から遠い

・買い物が不便

・防犯面で危険

閑静な住宅街を探すときは、自治体のホームページで都市計画図を見る。

まず低層住居専用地域を探すが、ないエリアであれば中高層住居専用地域を探す。

大体の場所がわかったら、実際に行って街の雰囲気を確かめてみる。

タイトルとURLをコピーしました