不動産会社に就職・転職したいなら知っておきたい、不動産業の種類と選び方

スポンサーリンク
不動産会社に就職する女性

これから新卒で就活を始める方や、転職活動をしている方の中には、不動産会社に就職しようと思っている方もいると思います。

不動産会社というと、街の不動産屋さんを想像する人が多いかもしれませんが、一言に不動産業と言っても、実は色々な業態があります。

不動産会社の種類とそれぞれの特徴を知ったうえで就職しないと、仕事が楽しくない・自分には向いていない・こんなにキツいと思わなかった・全然稼げない・こんな会社に就職するんじゃなかった…なんてことになりかねません。

そこで今回は、不動産会社に就職しようと思っているけど、どんな会社があるのかわからない…どんな会社がいいのか選び方がわからない…そんな方のために、不動産業の種類と選び方を解説します。

これを読んで、自分に向いてそうな仕事、楽しそうと思える事業をしている不動産会社に就職して、充実した社会人生活を実現しましょう!

スポンサーリンク

不動産会社の種類

一言に不動産会社といっても様々な事業を行っている会社がありますので、解説します。

不動産会社は大きく分けると、【建てて売る】・【仲介する】・【貸す】・【管理する】の4つの事業があります。

不動産会社の中には、1つの事業しかしていないところもあれば、複数の事業を行っている会社もあります。

就職や転職する際には、その会社がどのような事業を行っているのか、詳しく調べてから選びましょう。

【建てて売る】不動産開発会社(デベロッパー)

土地を仕入れて、分譲地として販売したり、建物を建てたりするのがデベロッパーとよばれる不動産開発会社です。

建物を建てた後に、そのまま自社で保有して賃貸することもあれば、戸建ての建売や分譲マンションのように売ることもあります。

一戸建て建売業者

一戸建て建売住宅

広めの土地を仕入れて、そこに複数一戸建てを建てて販売するのが、建売業者です。

土地の仕入れが主な仕事です。大きな会社ですと、戸建の設計や建築、販売まで全て自社で行っているところもありますが、小さい会社だと外部に委託していることが多いです。

土地の仕入れは競争が激しくキツい仕事ですが、やりがいもあり、成績が良ければ会社によっては年収1千万円以上も夢ではありません。

有名な会社は、飯田グループホールディングス、オープンハウスなどです。

マンションデベロッパー

複数のマンション

土地を仕入れ、マンションを建築して販売するのが、マンションデベロッパーです。

土地を仕入れるのと、建設したマンションを販売するのが主な仕事です。基本的に設計や建築は、外部に委託します。販売したマンションの管理も行っている会社もあります。マンション管理会社については、後ほど解説します。

分譲マンションは戸建ての建売に比べると、大きな土地を仕入れ大きな建物を建てることが多いので、規模が大きくやりがいのある仕事です。

以前は中規模の会社も複数ありましたが、リーマンショックで多くの企業が倒産したため、現在ほとんど大手しか残っていません。

有名な会社は、三井不動産レジデンシャルや三菱地所レジデンスなどがあります。

総合不動産会社

二子玉川の再開発後の街並み

大規模かつ様々な種類の不動産を開発するのが、総合不動産会社です。

マンションだけでなく、オフィスビルやテナントビル、ららぽーとなどの商業施設、それらを複合的に開発する再開発などを手掛けています。

一応デベロッパーとして解説しますが、総合不動産会社は開発だけでなく、後ほど解説する不動産賃貸や管理、売買など様々な事業を行っています。

給与面では年収1千万以上も珍しくありませんが、上位有名大卒でなければ就職は難しいかもしれません。

有名な企業は、三井不動産・三菱地所・住友不動産・森ビルなどです。

【仲介する】不動産仲介会社

物件案内をする不動産仲介会社の営業マン

不動産を買いたい人・売りたい人や、貸したい人・借りたい人に物件を仲介するのが不動産仲介会社です。皆さんが街でよく目にする不動産屋さんは、殆どが不動産仲介会社です。

不動産業界の中では、一般的なお客さんと 一番接する仕事になります。

ノルマがきつく、労働時間も長いことが多いですが、成績が良ければ給料も期待できます。営業の場合、基本的には平日の火曜・水曜が休みで土日は出勤になります。

宅建士の資格を取得して、仕事も覚えれば、独立も夢ではありません。

売買仲介会社

不動産を売ったり買ったりするのを、仲介するのが売買仲介会社です。

土地や新築・中古戸建、中古マンション、投資用物件などの売買をお手伝いします。

一般的なお客さんの売買をお手伝いすることもあれば、不動産業者へ物件を紹介したり、建売業者が売る新築住宅を売ることもあります。

営業成績が良ければ、年収1千万円以上も夢ではありません。大手より中小企業の方が、歩合給の割合が多い傾向にあります。

売買仲介営業は、不動産のことだけでなく、建築や住宅ローンなど金融の知識も身に付きますので、転職する際も選択肢が多いと思います。

賃貸仲介会社

賃貸アパートや賃貸マンション、オフィスビルや店舗などの貸し借りの仲介をするのが、賃貸仲介会社です。

地方のワンルームなどを仲介しても、それほど稼げませんが、東京都心の高級マンションや広い店舗・オフィスビルなどを仲介した場合は、1件で仲介手数料が100万円を超えることもあります。

売買の仲介同様、成績が良ければ稼げる仕事ですが、都心の物件を扱うトップクラスの営業でもない限り、それほど高収入は見込めません。

売買の仲介に比べると、身に付く専門的な知識が少ないので、キャリアアップを狙いたいなら、賃貸仲介より売買仲介の方がいいと思います。

【貸す】不動産賃貸会社

自社有している物件を、貸して収益を上げているのが不動産賃貸会社です。

マンションやオフィスビル、テナントビルや商業施設、ホテルや物流倉庫など様々な物件があります。

どのような物件を扱う会社なのかによって、忙しさや必要な知識が全然違います。

特にホテルは、ホテルを丸ごと運営会社に貸しているだけの場合もありますが、自社で運営している場合、ホテルマンとして働くことになります。

不動産賃貸業は、一度貸してしまえば日頃の管理くらいしかやることがないので、入居者やテナントの入れ替わりが激しくない物件を所有している会社は、のんびりとした雰囲気のホワイト企業が多く存在します。入れ替わりが激しい物件(ワンルームマンションなど)を所有している会社は、繁忙期などは忙しくなります。

【管理する】不動産管理会社

賃貸不動産管理会社

自社や外部の会社、個人の大家さんが所有している物件の、管理や入居付け(入居者を見つけること)、サブリースなどをしている会社です。

住宅系の物件だけではなく、オフィスビルや商業施設の管理をしている会社もあります。

別名プロパティマネジメント会社とも呼ばれます。

忙しくない時期もありますが、入退去の激しい繁忙期は忙しく、物件の内覧が土日になることもあるので、扱っている物件や会社によっては、仲介会社同様平日休みの土日出勤が普通です。

また、管理会社なので、物件の突発的なトラブル対応などもしなければいけないこともあります。

従業員一人当たりの管理戸数が多いところほど、激務だと思われます。

有名どころでは、東急住宅リースや三井不動産レジデンシャルリースなどがありますが、街の不動産屋さんのように、とても小さな会社もあり膨大な数の会社があります。

マンション管理会社

分譲マンションの管理会社です。管理組合のサポートをするのが主な仕事で、マンションの清掃、設備の点検や修繕、総会の補助や資金管理などを行います。

ときには、マンション内のトラブル対応などもあります。

マンション管理専門の会社の場合、不動産業界の中では、給与水準が低い傾向にあります。

マンションデベロッパーがマンション管理業を行っていることもありますが、専門会社として有名なところは、三菱地所コミュニティや日本ハウズイングなどがあります。

ビル管理・ビルメンテナンス会社

主に大規模なオフィスビルや商業施設、病院など住宅以外の施設の管理・点検・修繕・警備・清掃などを行っている会社です。

上記の施設には、マンションなどの住宅にはない様々な設備があり、常日頃からしっかり管理しておかなければ、建物が使えないなんてことになりかねません。

施設によっては、24時間利用されているため、夜勤の仕事がある場合もあります。

仕事をする上で専門的な知識や資格が必要な仕事が、多く存在します。第2種電気工事士・危険物取扱者乙種4類・ボイラー二級技士・第3種冷凍機械責任者などの資格や、大規模な施設だとビル管理士などの資格あると転職や、給与面で有利です。

仕事は交代制のことが多いので、残業は少ない傾向にありますが、給与水準が低い傾向にあるのに、沢山資格を取らなければいけないなど、向いてる人と向いてない人の差が激しい仕事かもしれません。

有名な会社は、イオンディライトなどがあります。

不動産会社ではないが、不動産に深く関わる業界

続いて、不動産業ではありませんが、不動産業の会社と同じくらい深く不動産に関わる業界をご紹介します。

人によっては、こちらの方が自分に向いている!楽しそう!と思えるかもしれません。

役所(公務員)

役所には、どんな街にするか計画する【都市計画課】、新築や大規模なリフォームが法律上問題ないか審査・許可する【建築指導課】または【建築審査課】など、まちづくりに関わる部署があります。

都道府県をまたぐような案件や、とても大規模な案件は国家公務員の国土交通省

各都道府県の中でも大規模な案件や、市区町村をまたぐような案件は、都道府県庁

市内や区内など、小規模な案件は、市役所や区役所が担当します。

役所は民間の不動産会社では、業界最大手クラスでなければできないような案件に関わることもあるので、夢のある仕事です。

しかし、必ず街づくりに関わる部署にいけるとも限りませんし、再開発や街づくり計画の策定、都市計画道路を造る際の立ち退きなどの際に、ときには住民と衝突することもあります。

何年何十年という計画が実現したときのやりがいは、とてつもなく大きなものだと思われますが、苦労も多いと思います。

給与や待遇面では、民間の会社よりいいと思いますが、不動産業界にありがちな歩合制で一獲千金的なことはありません。

金融機関(銀行・ノンバンク)

銀行では、居住用不動産に対して住宅ローンを貸していますし、地主や不動産会社がアパートやマンションを建てる際にも融資をしています。

また、一般的な事業会社に融資する際に、不動産を担保に融資することもあるので、銀行も不動産に深く関わっています。

特に信託銀行は、不動産信託や相続などのサポートを行っているので、不動産との関りが強いです。

その他ノンバンクで、アパートローンや不動産担保ローンなどを提供しているところもあります。

建設業(建設会社・建築士・ハウスメーカー)

建設業も不動産業と深く関わる業界です。

建設会社自ら、戸建てやマンションなどを建設して販売しているところもあります。

建築士は、一般の個人のお客さんが家を建てるときに設計することもありますが、不動産会社が様々な建物を建てる際にも、設計を依頼されます。不動産の社員に一級建築士がいることもあります。

ハウスメーカーは、注文住宅を建てたい個人の方にために、マイホームの設計・建築を手がけます。建売不動産会社の家を建築したり、ハウスメーカーが建て売り事業を行っていることもあります。ハウスメーカーの営業は、成績が良ければ年収1千万以上も狙えます。

不動産会社の選び方

不動産会社の種類がわかったところで、不動産会社の選び方について解説します。

会社を選ぶ際には、仕事内容の他に、年収や休業日・福利厚生など、人によって選ぶ基準が違うと思うので、不動産会社によって事業内容以外でどのような違いがあるか解説します。

以下を読んで自分がいいと思う、不動産会社を選びましょう。

年収

安定的に高収入が狙えるのは、大手総合不動産会社です。

成績によっては、総合不動産会社より高収入を狙えるのが、不動産開発会社の仕入れ担当、売買仲介会社の営業、ハウスメーカーの営業です。ただし、これらの仕事は競争も激しくいい成績を残せなければ、給与もそれほど高くありません。

賃貸の仲介会社も店舗の立地や、人によっては大きく稼げる可能性もありますが、売買仲介も方が稼げる可能性が高いと思います。

不動産賃貸会社は、大手であれば高収入のところもありますが、中小ではそれほど高くありません。

管理会社は、全般的に給与水準が低い傾向にあります。

ライフワークバランス

不動産管理会社や仲介会社、マンションデベロッパーの販売担当、ハウスメーカーの営業などは、平日の火曜・水曜が休みで土日出勤が多いです。

独身や子供がいない人ならそれほど問題ありませんが、子供がいる家庭だと家族と休みの日が合いません。子供が小さい場合、保育園は日曜は基本的に休みなので、夫婦で仲介会社に勤めている場合は、苦労します。

売買仲介会社は、一般の人がお客さんになることも多いので、平日はお客さんとのやり取りがお客さんの仕事が終わった時間になることもあります。

管理会社は、遅い時間にトラブルが発生して対応しなければいけない場合もあります。

ノルマ

デベロッパーでの不動産の仕入れ営業や、仲介会社の営業はノルマがきつい傾向にあります

ただし、営業成績がよければ給料もよくなるので、一長一短といえます。

稼ぎたい!という方や、精神的にタフな人には向いているかもしれませんが、そうでない方は、不動産管理会社や不動産賃貸業をメインに行っている会社の方が向いていると思います。

大手企業と中小企業

総合不動産会社やマンションデベロッパーは、殆どが大手企業になります。

仲介会社や賃貸業、管理業、戸建ての建売業者などは、大手もあれば中小企業も多く存在します。

大手は一般的に、研修など社内教育制度や福利厚生が整っています。また、営業をする際には知名度や資金力、信用度から仕事を貰いやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、給料に対する歩合給の割合が少ない傾向にあるので、営業成績が良くてもそこまで稼げないこともあります。

中小企業は、大手の反対で教育制度や福利厚生制度があまり充実していない傾向にあり、仕事を取ってくるのも個人の実力次第な部分が大きいです。

その反面、営業成績がいいと給料にもすぐに反映され、年収が1千万どころか2千万以上を狙うことも可能です。

個人的には、若いうちは大手企業でしっかり教育を受け、会社の看板ではなく自分の実力でお客さんをとってこれるようになったら、稼げる中小企業に勤めるのも有りだと思います。

就職難易度

就職難易度は、総合不動産会社が一番難しく、続いて大手不動産賃貸会社、大手マンションデベロッパーあたりが難しいです。大卒でも上位有名大卒でなければ難しい会社も、多く存在します

建売業者の仕入れ担当や、仲介会社の営業などノルマが厳しく、営業成績によって給与が大きく変動する仕事は、大手であっても就職は難しくありません。

不動産管理会社系も、それほど難しくはありません。

日大など、一般的なレベルの大卒であれば就職可能です。

大手と中小で言えば、大手の方が学歴や年齢に関する基準が厳しい傾向にあります。総合職であれば最低でも大卒レベルでなければ厳しいでしょう。

しかし、中小であれば大卒でなくても採用してくれるところもあります。

宅建士の資格保有者は、就職・転職で非常に有利で、20代・30代など年齢が若ければ未経験でも十分転職可能です。新卒採用の場合でも、就職活動の時点で宅建士資格を保有していれば、とても有利です。

これから宅建にチャレンジしようと思っている方には、宅建合格のコツについて解説した記事もありますので、是非ご覧ください!

まとめ

不動産会社は、大きく分けると 【建てて売る】・【仲介する】・【貸す】・【管理する】の4つの事業があります。

一つの事業しかしていない会社もあれば、複数の事業を行っている会社もあります。

行っている事業によって、仕事内容はもちろん、ノルマや勤務時間・出勤日、給与水準などが違います。

今回解説した内容を理解した上で、自分がやりたいと思うような事業をやっている会社かつ、自分の性格や求める待遇、ライフワークバランスなどに応じて、就職する不動産会社を選びましょう!

不動産業界で転職を考えている人には、不動産業界専門の転職サイト【宅建jobエージェント】がおすすめです。

・不動産業界経験者のキャリアアップにも、未経験から不動産業界へチャレンジする方にも、両方対応しています。

・大手不動産会社の求人も豊富で、専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました