【神奈川県】高級住宅街ランキングTOP100|神奈川県の高級住宅街といえばここだ!

公示地価・基準地価の情報をもとに、神奈川県の高級住宅街TOP100をランキング形式でご紹介します!

神奈川県の高級住宅街といえばどこなのか、高級住宅街が多い市区町村、駅、沿線もわかります!

神奈川県高級住宅街ランキングベスト10は、以下になりました。

1位 横浜市中区山手町

2位 横浜市青葉区美しが丘5丁目

3位 横浜市青葉区新石川3丁目

4位 横浜市港北区日吉本町1丁目

5位 横浜市青葉区新石川2丁目

6位 横浜市青葉区美しが丘4丁目

7位 横浜市青葉区あざみ野2丁目

8位 横浜市青葉区美しが丘3丁目

9位 横浜市青葉区つつじが丘

10位 鎌倉市小町1丁目

スポンサーリンク

高級住宅街とは?高級住宅街ランキング評価基準

ランキングをご紹介する前に、そもそも高級住宅街とはどんな街のことをいうのか?高級住宅街ランキング評価基準について解説します。

一般的には、地価が高額な場所、区画が綺麗で道路が広い、閑静、緑が多く良好な住環境などに該当する場所が高級住宅街と言われることが多いですが、実は高級住宅街に明確な定義はなく、個人の主観などによるものが多いのが実態です。

そこで当サイトでは、令和4年の公示地価・基準地価の情報をもとに、住宅地として利用されている街の一種単価を算出し、高額な順でランキングを作成しました。

【一種単価】とは、容積率100%当たりの価格のことです。

通常土地の価格は容積率が高いほど、大きな建物を建てられるため、マンションなどを建ててより多くの部屋を売ったり貸したりでき、地価も高くなります。

単純に地価で比べてしまうと、容積率が高い土地だけランクインしてしまいますので、同じ大きさの建物を建てるのに必要な土地の広さを同じにして地価を比べてみると、実質的な土地の価格ではどこが高いのかがわかります。

この同じ大きさの建物を建てるのに必要な土地の価格が、一種単価になりますので、一種単価で比べています。

また、良好な住環境の街は、家同士の距離が適度に離れており、お店などが少ない場所になるので、用途地域が【低層住居専用地域】または【中高層住居専用地域】に指定されている街に限定してランキングを作成しています。

※ 公示地価・基準地価は全ての町・丁目の地価を公表している訳ではありませんので、その点はご了承下さい。

【神奈川県】高級住宅街ランキングTOP100の結果

それでは、神奈川県高級住宅街ランキングTOP 100をご紹介します。

一種単価は1㎡あたりの価格です。一種単価が同じ場合は、地価が高い方を上位にしています。

【神奈川県】高級住宅街ランキング 1位~10位

【神奈川】高級住宅街ランキング 1位~10位

1位 横浜市中区山手町

1位は、元町・中華街駅の南に位置する街【横浜市中区山手町】です。

高台にある街で、場所によっては東京湾や横浜市中心部が一望できます。

横浜開港後に外国人居留地とされた区域で、幕末には外国大使館が設けられるなどの歴史から、西洋文化が色濃く残る情緒あふれる街並みが特徴です。

山手ブランドやその希少性に対する需要は底堅く、資産家層、富裕層、会社経営者等が多く住む高級住宅街としても有名です。

横浜駅や関内・桜木町など、横浜市中心市街地に近く、高台の災害に強い場所でもあります。

2位 横浜市青葉区美しが丘5丁目

2位は、東急田園都市線のたまプラーザ駅とあざみ野駅の間に位置する街【横浜市青葉区美しが丘5丁目】です。

東急が、区画や道路を綺麗に整備して開発した街で、駅前は栄えていますが駅から少し離れた美しが丘5丁目は閑静な住宅街になっています。

閑静な住宅でありながら、駅にも近く、両駅とも急行・準急停車駅。あざみ野駅には田園都市線以外に横浜市営地下鉄ブルーラインも通っているので、東京都心だけでなく横浜駅方面へのアクセスも良好です。

ブルーラインは、川崎市麻生区の小田急線新百合ヶ丘駅までの延伸計画が進められています。

たまプラーザ駅前は、大型商業施設が複数あるので買い物など生活利便性も高い街です。

3位 横浜市青葉区新石川3丁目

3位が、たまプラーザ駅の南東に位置する街【横浜市青葉区新石川3丁目】です。

駅にほど近く、交通・生活利便性が高い街でありながら、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がっています。

土地区画性を行い開発された街で、区画や道路が整備された綺麗な街並みが特徴です。

4位 横浜市港北区日吉本町1丁目

4位は、日吉駅の西に位置する街【横浜市港北区日吉本町1丁目】です。

東急が戦前から戦後にかけて開発した住宅地で、駅から放射線状および円周状に街が広がり、整然とした街区が特徴の街です。

駅の東側には慶応大学がありますが、反対の西側は駅前に商店街があり、商店街を抜けると閑静な住宅街が広がっています。

日吉駅は、東急東横線・目黒線・横浜市営地下鉄グリーンラインの3路線が乗り入れており、交通利便性も高いです。

駅周辺部は日吉台と言われる台地になっており、災害に強い場所でもあります。

5位 横浜市青葉区新石川2丁目

5位は、東急田園都市線のたまプラーザ駅とあざみ野駅の間に位置する街【横浜市青葉区新石川2丁目】です。

大通り沿いにはマンションが建ち並んでいますが、中に入ると一戸建ての閑静な住宅街が広がっています。

町内には、公園などの他、畑なども一部残る緑の多い環境です。

駅にも近く、交通・生活利便性の高い良好な住宅地です。

6位 横浜市青葉区美しが丘4丁目

6位は、たまプラーザ駅の北西に位置する街【横浜市青葉区美しが丘4丁目】です。

高台にある街ですが、南西に向かって下り坂になっているので、日当たりや眺望のいい街です。

町内は区画や道路が綺麗に整備された、低層の閑静な住宅街となっています。

駅から少し離れていますが、最寄り駅は大型商業施設が複数あり、急行・準急も停車する駅で、横浜市の中でも東京都心部に近いので、利便性も低くはありません。

7位 横浜市青葉区あざみ野2丁目

7位は、あざみ野駅の南西に位置する街【横浜市青葉区あざみ野2丁目】です。

こちらも東急が開発した街で、区画や道路が整備された、綺麗な街並みが特徴の住宅街です。

駅前やメインストリート沿いには商業施設がありますが、それ以外の場所は戸建てや低層マンションなどが建ち並ぶ、閑静な住宅街になっています。

あざみ野駅は、東急田園都市線と横浜市営地下鉄ブルーラインの2路線が通るので、東京都心や横浜中心部へのアクセスも良好です。

最低敷地面積125㎡の制限が設けられているため、土地を細かく分割できず、統一感のある街並みが保たれています。

8位 横浜市青葉区美しが丘3丁目

8位は、たまプラーザ駅の北西に位置する街【横浜市青葉区美しが丘3丁目】です。

規模の大きい一戸建て住宅が建ち並ぶ、閑静な住宅街です。

最低敷地面積が165㎡に制限されているため、全ての家の区画が大きく、豪邸のような家も散見されます。

また、建ぺい率が40%、容積率にいたっては60%に制限されているため、建物に対して敷地に余裕のある家が建ち並んでいるので、開放感があり緑の多い環境でもあります。

駅から距離があるため、毎日電車を利用する人には不便な部分もありますが、その分とても静かな環境が広がっています。

9位 横浜市青葉区つつじが丘

9位は、青葉台駅の南東に位置する街【横浜市青葉区つつじが丘】です。

つつじが丘という地名の通り、街の中心部が小高い丘のようになっております。

駅前や大通り沿いはマンションが建ち並んでいますが、町内は戸建て住宅が建ち並ぶ閑静な住宅街です。

こちらの街も8位の青葉区美しが丘3丁目同様、最低敷地面積が165㎡に制限されている他、建ぺい率40%、容積率60%に指定されているため、規模の大きい庭付き一戸建てが建ち並ぶ、良好な住環境が広がる高級住宅街です。

最寄駅の青葉台駅まで近い位置にあり、青葉台駅は東急田園都市線しか通っていませんが、急行・準急停車駅です。

鉄道以外も、国道246号線や東名横浜青葉インターチェンジが近いため、交通利便性が高いです。

青葉台駅周辺は、色々なお店があり生活利便性も高い街となっています。

10位 鎌倉市小町1丁目

10位は、鎌倉駅の東に位置する街【鎌倉市小町1丁目】です。

鎌倉市小町は、歴代の北条執権邸や有力御家人の館が沢山あったなど歴史のある街でもあります。

駅前や鶴岡八幡宮に続く参道沿いは、商業地域となっていますが、東側は中低層の住宅街となっています。

町内は道路が狭いのが難点ですが、緑が多く、風情ある街並みが特徴の街です。

【神奈川県】高級住宅街ランキング 11位~20位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 11位~20位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 21位~30位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 21位~30位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 31位~40位

【神奈川】高級住宅街ランキング 31位~40位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 41位~50位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 41位~50位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 51位~60位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 51位~60位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 61位~70位

【神奈川】高級住宅街ランキング 61位~70位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 71位~80位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 71位~80位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 81位~90位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 81位~90位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 91位~100位

【神奈川県】高級住宅街ランキング 91位~100位

【神奈川県】高級住宅街が多い市区町村ランキング

続いて、神奈川県の高級住宅街はどの市区町村に多いのか集計してみました。

結果は以下の通りです。

神奈川県で高級住宅街が多い市区町村ランキング

神奈川県で高級住宅街が多い市区町村ランキングでは、1位 横浜市、2位 川崎市、3位 鎌倉市、4位 藤沢市となりました。

圧倒的に横浜市が多くランクインしていますが、鎌倉市や藤沢市などの湘南エリアでも複数ランクインしている街がありました。

1位~3位までの区に、高級住宅街多い理由を解説します。

1位 横浜市

1位は80カ所がランクインした【横浜市】です。

横浜市は、日本の首都東京都に近いだけでなく、神奈川県の中心地でもあります。

また、海沿いや川沿いには低地が広がっていますが、海の近くには下末吉台地、内陸部には多摩丘陵という高台が広がっており、災害に強い場所が多く存在します。

高級住宅街というのは、基本的に高台の災害に強い場所に存在しているのですが、横浜市は高級住宅街に適した土地が沢山あることがわかります。

その他の要因としては、横浜市には東急田園都市線や東横線など、東急沿線の鉄道が走っており、東急は鉄道を通しただけでなく、沿線で土地区画整理を行うなど、区画や道路を綺麗に整備して宅地開発も行いました。

後ほど、高級住宅街が多い駅や沿線について解説しますが、東急沿線の駅が多くランクインしているのは、このような背景があるからなのです。

高台にあり災害に強く、区画が綺麗で道路も広い、良好な住環境の街が多く存在するのが、横浜市に高級住宅街が多い理由です。

ちなみに、横浜市の各区ごとのランクインした街の数は、以下になります。

・青葉区 29カ所

・都筑区 19カ所

・港北区 12カ所

・中区   5か所

・神奈川区 3か所

・旭区・磯子区・戸塚区・泉区・港南区 2か所

・鶴見区・金沢区 1か所

東急田園都市線が通る青葉区が、一番高級住宅街が多い区となっています。

2位 川崎市

2位は12カ所の【川崎市】です。

川崎市は東京都と横浜市の間にあるので、横浜市より東京都心部に近い位置にあります。

地理的優位性があるのに横浜市より圧倒的に高級住宅街が少ない理由は、市の3分の2ほどの地域が海沿い川沿いの低地で、災害に弱い地形をしていることが考えられます。

川崎市の色別標高図

市の北西部は丘陵地になっているので、比較的災害に強い地形をしてますが、高低差が大きく土砂災害の危険性がある場所や、急な坂道があって不便なところが多いのも、高級住宅街が少ない理由の一つと考えられます。

川崎市で高級住宅街ランキングにランクインしている街は、北西部にある麻生区・宮前区・高津区などにあります。

また横浜市同様に、北西部には東急田園都市線が通っており、東急が土地区画整理を行い開発した綺麗な住宅街がある他、麻生区にある新百合ヶ丘も小田急が地権者たちと土地区画整理を行い開発した高級住宅街です。

ちなみに、川崎市の各区ごとのランクインした街の数は、以下になります。

・宮前区 5か所

・高津区 4カ所

・麻生区 3か所

川崎市の高級住宅街については、以下の記事でもっと詳しく解説しています。

>>【川崎市】高級住宅街ランキングTOP10|住環境良好な街をご紹介します!

3位 鎌倉市

3位は5カ所の【鎌倉市】です。

鎌倉市は、中心部の鎌倉駅周辺と、北西部の梶尾川沿いの地域以外は丘陵地になっています。

特に南側に向かって下り坂になる南ひな壇の土地では、日当たりや眺望が良く、高級住宅街として人気があります。

鎌倉市の色別標高図

歴史を感じられる風情ある街並みや、海や山など自然を身近に感じられる環境も魅力的です。

東京都心部や横浜中心部などからは距離がありますが、東海道線や横須賀線、湘南新宿ラインなど、早くて中心部へのアクセスがいい路線が通っているので、交通利便性も低くはありません。

道路が狭い場所が多いのが難点です。

神奈川県で高級住宅街が多い駅・沿線

つづいて、神奈川県高級住宅街ランキングTOP100にランクインしている街の最寄り駅はどこが多いのか、集計してみました。

街によっては複数の駅が利用可能で、駅と駅がかなり近い場所も存在することや、公示地点・基準地点の有無なども関係しているので、ランキングとまでは言えないものの、ある程度の傾向はつかめると思います。

高級住宅街が多い駅は以下の通りです。

神奈川県で高級住宅街が多い駅ランキング

青葉台・たまプラーザ・江田の3駅で、高級住宅街が7カ所ランクインしている他、あざみ野駅が4カ所、藤が丘駅が3か所、市が尾駅が2か所など、横浜市青葉区の田園都市線沿線は、高級住宅街が密集しているエリアだということがわかります。

多くの街がランクインしている駅は、一部地域だけではなく、駅周辺の広い範囲が高級住宅街となっているということも表しています。

続いてどの沿線に高級住宅街が多いのか、集計してみました。

沿線別では、以下の沿線に高級住宅街が多くランクインしています。

神奈川県で高級住宅街が多い沿線ランキング

東急沿線(田園都市線・東横線)と横浜市営地下鉄沿線(ブルーライン・グリーンライン)に、高級住宅街が特に多いことがわかりました。

東急沿線に高級住宅街が多い理由

東京都心部へのアクセスの良さに加えて、東急が土地区画整理を行い計画的に開発した、綺麗な住宅街が広がっていることや、内陸部の多摩丘陵や下末吉台地上を通っており、災害に強い地形が関係していると思われます。

横浜市営地下鉄沿線に高級住宅街が多い理由

住宅・都市整備公団(現「独立行政法人 都市再生機構」)が土地区画整理を行い開発した、港北ニュータウンの綺麗な街並みが広がっている他、災害に強い丘陵地や台地上に街があるためと考えられます。

高級住宅街は、全国共通して災害に強い高台にある、区画が綺麗で道路も広く整備された良好な住環境の街になります。

そんな中でも、駅に近い、買い物なども便利、都心部へのアクセスが良い場所などは特に人気で、地価も高い傾向にあります。

一戸建てや低層マンションに住みたくて、マイホーム購入を検討されている方は、今回のランキングを参考に、どこに家を買うか検討してみるのもいいかもしれません。

まとめ

神奈川県高級住宅街ランキングTOP10

1位 横浜市中区山手町

2位 横浜市青葉区美しが丘5丁目

3位 横浜市青葉区新石川3丁目

4位 横浜市港北区日吉本町1丁目

5位 横浜市青葉区新石川2丁目

6位 横浜市青葉区美しが丘4丁目

7位 横浜市青葉区あざみ野2丁目

8位 横浜市青葉区美しが丘3丁目

9位 横浜市青葉区つつじが丘

10位 鎌倉市小町1丁目

【神奈川県】高級住宅街が多い市区町村ランキング

1位 横浜市

2位 川崎市

3位 鎌倉市

神奈川県で高級住宅街が多い駅

1位 青葉台・江田・たまプラーザ

2位 あざみ野・鎌倉・北山田・中川・妙蓮寺・山手

3位 梶が谷・鷺沼・新百合ヶ丘・センター北・センター南・藤が丘

神奈川県で高級住宅街が多い沿線

1位 東急田園都市線

2位 横浜市営地下鉄ブルーライン

3位 東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン

高級住宅街は、災害に強い高台にあるので、横浜市の内陸部にある街が多くランクインしました。

災害に対する強さと、住宅地の価値は大きく関係しています。横浜市でどの区が災害に強いのか、ハザードマップなどの情報をもとにランキングにした記事もありますので、興味のある方はご覧下さい。

>>ハザードマップで見る、神奈川県【横浜市】災害に強い安全な街ランキング

高級住宅街の他の特徴としては、都心へのアクセスがいい、区画が綺麗で道路も広い、公園など緑が多いなどの特徴があります。

こういった特徴は、他の街でも同様の傾向が見られます。他の街の高級住宅街ランキングもありますので、興味のある方はご覧ください。

< 高級住宅街ランキング >

神奈川県で地価が高い場所・地価上昇率が高い場所について調査した記事もあります。

< 地価ランキング >

タイトルとURLをコピーしました