ハザードマップでわかる、東京都葛飾区の災害リスク

東京都葛飾区にある柴又駅

近年、地震や台風による洪水、土砂災害など自然災害が多発しており、災害に対する注目度も上がっています。

自然災害の被害に遭うと、経済的な損害だけでなく命の危険もあります。

・葛飾区に住みたい、家を購入したいけど、どこがいいのかわからない

・住むなら災害に強い安全な場所に住みたい

そんな方のために、地震・洪水・高潮・液状化・土砂災害などのハザードマップを見て、東京都葛飾区のどの街が災害に強い安全な街なのか?どの街が災害の危険度が高い街なのか、災害リスクを調査しました。

<結論>

葛飾区は、標高が低く河川に囲まれた地形のため、全体的に洪水や高潮、液状化などの災害リスクが高い街です。

残念ながら、すべての災害に強い安全な街はありません。

区内で比較的安全な場所をあげるとすれば、区の東部で江戸川沿いの地域です。

ここは標高が区内の他の場所に比べて高くなっており、比較的水害に強いことや、地震でも揺れにくい場所です。

スポンサーリンク

ハザードマップとは

ハザードマップとは、自然災害の危険性が高い場所を、危険度別に色分けして表示している地図です。避難場所や避難経路についても記載されています。

災害の危険性が高い場所に住んでいる人が、

・危険を認識すること

・災害時にスムーズかつ迅速に避難できるようにすること

・事前に災害対策をすることにより被害軽減を図るため

に作成されています。

最近では、マイホームを購入するときの参考資料としても利用されています。

ハザードマップには、自然災害によって様々な種類があります。

自然災害の危険性は住んでいる場所によって異なるので、全ての市区町村に全ての種類のハザードマップがあるわけではありません。

例えば海に面していないところでは、津波ハザードマップはありません。

公表しているハザードマップの種類が多いところほど、自然災害の危険性が高いとも言えます。

ハザードマップについてもっと知りたいという方には、詳しく解説している記事がありますのでそちらをご覧ください。

ハザードマップとは何か?種類や見方、活用方法などをわかりやすく解説します!

また、自然災害の危険性は住んでいる場所以外に、起こる災害によっても種類が変わってきます。

災害ごとのチェックすべきハザードマップは、以下になります。

・地震が起きた場合

地震(揺れやすさ)・液状化・津波・土砂災害・ため池

・台風が来る場合

洪水・内水・高潮・土砂災害

・火山が噴火した場合

火山(噴火)ハザードマップ

それでは、実際に様々な資料を見ていきます。

葛飾区の【地形】

各災害の危険性を見る前に、葛飾区の地形がどうなっているのか見ていきたいと思います。

災害の危険性が高い場所は、主に周囲に比べて標高の低い場所(低地)急激に標高が変わる場所(急傾斜地)川や海沿いの地域になります。

これらは、色別標高図を見れば大体のことがわかります。

色別標高図からは色の違いや、色が変わっている部分の形で以下のようなことがわかります。

・海抜0m地帯

(濃い青の部分)

・川沿いの地域では、周囲に比べて低地が広がる 

(青~水色の部分や、細長くクネクネした形をしており周囲と色が変わっている部分)

・低地と台地の境目では、急な傾斜地になっている

(水色や緑色からオレンジに狭い範囲で色が変わっている部分)

・川沿いの地域以外では、全体的に台地が広がっている

(オレンジ色の部分)

葛飾区は、標高が高いところで約3m、低いところではマイナスの海抜0m地帯が存在します。全体的に標高が低く、平坦な地形をしています。(東部の方が高く、南西部が低い)

四方を河川に囲まれているのにくわえて、区内にも河川が入り組んでいるため、区内全体が河川沿いのような場所です。

自然災害に強い場所というのは、基本的には台地の上などの高台になるのですが、葛飾区の標高図を見て頂ければわかる通り、葛飾区には台地が存在しません。

上記より、残念ながら葛飾区には災害に強い安全な街はありません。

区内全体が災害に弱い街と言えます。

各災害のハザードマップを見れば、実際にどれくらい災害に弱いのかより理解頂けると思いますので、ハザードマップをもとに各災害の危険度を見ていきます。

葛飾区の【洪水】危険度

葛飾区水害ハザードマップをもとに、水害の危険性が高い場所を見ていきますが、その前に水害と関係性の深い、河川について解説します。

葛飾区を流れる河川

葛飾区は四方を河川に囲まれているような地形をしており、北に大場川、東に江戸川、西に中川・綾瀬川・荒川、中央を新中川が流れています。

葛飾区の河川図
葛飾区の河川

河川に囲まれている葛飾区は、区内全体が河川沿いのような土地で水害の危険性が高いです。

大雨で河川が氾濫した場合、どこがどれくらい浸水するのかハザードマップをもとに見ていきます。

葛飾区で洪水の危険性が高い場所

葛飾区では、荒川・中川・江戸川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップを公開している他、水害ハザードマップ【解説編】では、その他の河川や内水氾濫した場合の想定も公開しています。

ここでは、洪水が発生した場合に最も被害が大きくなると思われる、荒川と江戸川が氾濫した場合の水害ハザードマップを見ていきます。

下の図、左側は荒川が氾濫した場合、右側は江戸川が氾濫した場合の浸水想定区域図です。

・荒川が氾濫した場合

区の大部分が浸水しますが、区の東部では浸水しない場所があります。

また、浸水する場所でも荒川から距離がある東側にいくにつれて、想定浸水深は浅くなっています。

・江戸川が氾濫した場合

江戸川は区の東側にあるので、今度は区の南西側が浸水しない想定となっております。


実際に大雨が降った場合、どこの河川が氾濫するかはわかりませんが、葛飾区は区内のどの場所でも洪水により浸水する可能性があることを、認識しておく必要があります。

葛飾区の【高潮】危険度

高潮とは、台風や発達した低気圧が通過する際、海水面(潮位)が大きく上昇する現象です。
満潮と高潮が重なると高潮水位はさらに上昇して、大きな災害が発生しやすくなります。

葛飾区は直接海に面していませんが、高潮が発生すると海面が上昇することによって、江戸川や荒川、その他の河川水位も上昇し、浸水する可能性があります。

高潮のリスクについては、東京都が公表している東京都高潮浸水想定区域図を見ていきます。

想定最大規模の高潮が発生した場合、葛飾区はほぼ全域が浸水する想定となっております。

浸水深については、東側の大部分が1m以上3m未満、西側についてはほとんどの地域で3m以上5m未満となる見込みですので、最低でも床上浸水、深いところだと建物2階まで水没してしまいます。

浸水継続時間も、区内の6~7割の地域では1週間以上浸水が続く見込みです。

葛飾区の高潮ハザードマップに、【区内に居続けることはできません】と記載されている通り、非常に危険です。

葛飾区に住む場合は、こういった災害リスクのある場所に住んでいることをしっかり認識して、日頃から災害対策やいざという時の避難方法などを、考えておく必要があります。

葛飾区の【地震】危険度

地震危険度については、地盤の揺れやすさ・首都直下地震発生時に予想される震度・大地震発生時の危険度の3つをみていきます。

葛飾区の地震の揺れやすさ

まずは、地震が起きたとき揺れやすい場所はどこなのか、みていきたいと思います。

下の図は、東京23区の表層地盤の揺れやすさを表しています。

黒い〇で囲まれている場所が葛飾区です。


出典:東京都 首都直下地震等による東京の被害想定(令和4年5月25日公表)
図 表層地盤の揺れやすさ(50mメッシュ震度増分)

東京23区は、東部に沖積層という軟弱な地盤の低地が広がっており、東側の方が揺れやすという特徴があります。

東部にある葛飾区も、23区のなかでは揺れやすい街の一つです。

しかし、区内でも場所によって揺れやすさが異なりますので、図を拡大して詳細な情報をみていきましょう。

東京都葛飾区の地震揺れやすさマップ
出典:東京都 首都直下地震等による東京の被害想定(令和4年5月25日公表)
図 表層地盤の揺れやすさ(50mメッシュ震度増分)

区の中央と、東部が比較的揺れにくい地盤をしています。

これはなぜかというと、沖積層という軟弱な地盤の深さが区の西側に比べて浅いからです。

地盤が比較的良好な中央~東部は、沖積層の深さが5~15m程度ですが、地盤が悪い西部では、30m以上にもなります。

沖積層は、地震の際に揺れやすいだけでなく、後ほど解説する液状化現象も起きやすいです。

また、地盤沈下も起きやすいため、建物の中では比較的軽量な木造2階建て住宅を建てる際でも、地盤改良工事が必要となることが多いです。

地盤改良工事は、数十万円~数百万円かかることもありますので、家を建てようと思っている方は注意が必要です(費用は、地質や土地の広さによって変わります)。

首都直下型地震発生時、葛飾区で予想される震度

つづいて、首都直下型地震がおきたら、どれくらい揺れるのか見ていきます。

下の図は東京都が公表している、首都直下地震の震度分布予想図です。

赤い〇で囲まれた場所が、葛飾区です。

東京都の首都直下地震の震度分布
首都直下地震等による東京の被害想定(平成24年4月18日公表)を一部加工して引用

首都直下地震が発生した場合、葛飾区では東部で震度6弱、それ以外の地域で震度6強の想定で、ほぼ揺れやすさマップと同じような結果となっております。

大地震発生時、葛飾区で危険性が高い場所

地震に対する危険度は、震度がどれくらい大きいかだけでは測れません。

地震に強い建物が多いのか少ないのか、建物の密集度合いなどで、災害時の危険度は大きく異なります。

下の図は、東京都が公表している地震に関する地域危険度測定調査より、葛飾区の建物倒壊危険度・火災危険度・避難活動困難度を総合的に判断して、地域の危険度を表したものです。

葛飾区では、区の中央部と南西部に地震危険度が高い町が多く存在します。

地域危険度が特に高い、ランク5・4の場所の住所は以下になります。

< 危険度ランク5 >

鎌倉4丁目、新小岩3丁目、高砂3丁目、西新小岩5丁目、東立石4丁目、東四つ木3丁目、堀切2・5丁目、

< 危険度ランク4 >

青戸6丁目、金町5丁目、鎌倉3丁目、亀有2丁目、小菅2丁目、柴又1・4丁目、高砂2・5~6・8丁目、宝町2丁目、立石4丁目、新宿5丁目、西新小岩3丁目、東新小岩6丁目、東堀切1丁目、東四つ木4丁目、堀切4・6丁目、四つ木1~2・4丁目

上記の町は、道路が狭く木造の戸建てやアパートが密集している傾向にあるので、災害危険度が高いだけでなく、日当たりが悪かったり、車が利用しづらかったりして、住環境としても良くない場合があります。

これから家を探す人にとっては、そう言った意味でも参考になる情報だと思います。

葛飾区だけでなく、東京23区全体の地震危険度について知りたいという方には、詳しく解説している記事がありますので、そちらをご覧ください。

>>東京23区【地震危険度ランキング】地震に強い地域はここだ!

葛飾区の【液状化】危険度

液状化については、東京都が公表している東京の液状化予測図(平成24年度改訂版)をもとに、液状化リスクがある場所を見ていきます。

葛飾区でも【地震による地盤の液状化 あなたの家は大丈夫?】という液状化に関する資料を公表しているので、詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

葛飾区では、区内のほぼ全域で液状化の可能性があり、東日本大震災の際には実際に液状化の被害が確認されています。

液状化する可能性が高い場所も多く存在しているので、液状化リスクが非常に高い区と言えます。

こうしたことから、葛飾区では地盤調査費や液状化対策費の助成制度があります。かなり手厚い助成制度なので、注文住宅を建てようと思っている方は是非利用しましょう!

液状化する可能性が高い場所を含まない、比較的液状化リスクが低い住所は以下になります。(液状化する可能性がある場所が、宅地以外の場合はリスクがないものとしています)

西水元3・6丁目、堀切6丁目、東堀切1~2丁目、お花茶屋1~2丁目、新宿5丁目、金町2~6丁目、東金町1・6~7丁目、柴又3丁目、高砂2・8丁目、細田5丁目、奥戸4~6丁目、東新小岩2・4丁目、新小岩4丁目、西新小岩1丁目

※ 上記住所は、液状化する可能性が高い場所は含まれていませんが、液状化する可能性がある場所は含まれています。

区内の他の場所に比べるとリスクが低いだけで、リスクがないわけではないのでご注意ください。

葛飾区の【土砂災害】危険度

土砂災害とは、土石流・地すべり・がけ崩れなどのことで、大雨の際や大きな地震が発生したときに起こりやすい災害です。

葛飾区は高低差のない地形のため、土砂災害の危険性はありません。

土砂災害の危険性がある場所を表す、土砂災害警戒区域や土砂災害特別警戒区域は存在しておらず、土砂災害ハザードマップも作成されていません。

ハザードマップでわかる東京都葛飾区の災害リスク【まとめ】

葛飾区は、標高が低く河川に囲まれた地形のため、全体的に洪水や高潮、液状化などの災害リスクが高い街です。

残念ながら、すべての災害に強い安全な街はありません。

区内で比較的安全な場所をあげるとすれば、区の東部で江戸川沿いの地域です。

ここは標高が区内の他の場所に比べて高くなっており、比較的水害に強いことや、地震でも揺れにくい場所です。

区の各災害に対する特徴は、以下になります。

・水害について

四方を河川に囲まれているのにくわえて、区内にも河川が入り組んでいることや、標高が低くて平坦な地形のため、全体的に水害の危険性が高い。

・高潮について

水害同様に、全体的に浸水する可能性がある。特に区の西側で大きな被害がでる可能性がある。

・地震について

首都直下地震では、東部で震度6弱、それ以外の地域で震度6強の想定。

区の中央部と南西部は、道路が狭く建物が密集しているので、大地震が起きると建物の倒壊・火災により大きな被害がでる可能性がある。

・液状化について

区内全体的に液状化する可能性がある。液状化する可能性が高い場所も点在しているので、特に戸建てを購入する方は、東京都の液状化予想図をしっかり確認した方がいいでしょう。

土砂災害について

葛飾区内に土砂災害の危険性はありません。

マイホームを購入する予定がある方は、今回の調査結果を参考にして頂いて、最終的には詳細な位置の災害危険性をハザードマップなどでしっかり確認しましょう!

また、日頃から災害対策をしておくのも重要です。自然災害は広範囲に影響を及ぼすので、安全な街に住んでいても、ライフラインが使えなくなる可能性があります。

防災用品を用意するなど、万が一のことが起こっても大丈夫なように対策しておきましょう!

当サイトでは、東京23区で安全な街はどこなのか調査して、ランキングにした記事もございますので、興味のある方は是非ご覧ください。

葛飾区は、23区中23位にランクインしています。

>> ハザードマップで見る、東京23区災害に強い安全な街ランキング

また、他の区の安全な街をハザードマップをもとに調べた記事もあります。

< 区ごとの安全な街を調査した記事 >

< 都心5区 >

千代田区中央区港区新宿区渋谷区

< 城南 >

目黒区品川区大田区

< 城西 >

世田谷区杉並区中野区練馬区

< 城北 >

文京区豊島区板橋区北区荒川区足立区

< 城東 >

台東区墨田区江戸川区江東区

その他、当サイトではマイホームを購入する際の優先順位として、1番が災害に対する安全性、2番が資産価値だと考えております

東京23区で資産価値の高い区はどこなのか、調査してランキングにした記事もありますので、興味のある方は是非ご覧ください!

【不動産 資産価値ランキング】東京23区でマンション・戸建ての資産価値が落ちない場所はここだ!

家選びの優先順位について、解説した記事もあります。

家の選び方の基本的な考え方 優先順位は?安全な場所にある家を買おう!

タイトルとURLをコピーしました