ハザードマップで見る、東京都大田区で災害に強い安全な街

スポンサーリンク

近年、地震や台風による洪水、土砂災害など自然災害が多発しており、災害に対する注目度も上がっています。

自然災害の被害に遭うと、経済的な損害だけでなく命の危険もあります。

大田区は埋立地もありますし、川だけでなく海にも接しているため、自然災害の危険性が高い場所があります。

・大田区に住みたい・家を購入したいけど、どこがいいのかわからない

・住むなら災害に強い安全な場所に住みたい

そんな方のために、色々な災害のハザードマップなどを見て、東京都大田区のどの街が災害に強い安全な街なのか?どの街が災害の危険性が高い街なのか調査しました。

ハザードマップやその他情報から、災害危険性の有無・危険性の大きさ・危険な面積の割合などを読み取っていきます。

スポンサーリンク

ハザードマップとは

ハザードマップとは、自然災害の危険性が高い場所を、危険度別に色分けして表示している地図です。避難場所や避難経路についても記載されています。

災害の危険性が高い場所に住んでいる人が、

・危険を認識すること

・災害時にスムーズかつ迅速に避難できるようにすること

・事前に災害対策をすることにより被害軽減を図るため

に作成されています。

最近では、マイホームを購入するときの参考資料としても利用されています

ハザードマップには、自然災害によって様々な種類があります。

自然災害の危険性は住んでいる場所によって異なるので、全ての市区町村に全ての種類のハザードマップがあるわけではありません。

例えば海に面していないところでは、津波ハザードマップはありません。

公表しているハザードマップの種類が多いところほど、自然災害の危険性が高いとも言えます。

また、ハザードマップは法律に基づいて作成しているものと、自治体独自の判断で作成しているものがあります。

大田区では、土砂災害ハザードマップ・洪水ハザードマップ・高潮ハザードマップ・液状化ハザードマップ・津波ハザードマップマップなどを公表しています。

ハザードマップについてもっと知りたいという方には、詳しく解説している記事がありますのでそちらをご覧ください。

ハザードマップとは何か?種類や見方、活用方法などをわかりやすく解説します!

大田区の地形

各災害の危険性を見る前に、大田区の地形がどうなっているのか見ていきたいと思います。

災害の危険性が高い場所は、主に周囲に比べて標高の低い場所(低地)急激に標高が変わる場所(急傾斜地)川沿いの地域になります。

これらは、色別標高図を見れば大体のことがわかります。

下の図は、大田区の標高を3mごとに色別で表した図です。(濃い青は標高3m以下)

青い部分が低地(標高が低い)で、オレンジ色の部分が台地(標高が高い)になっています。

大田区は北西部が台地になっていますが、それ以外のほとんどの場所が低地となっています。

台地部分には河川に削られて谷になっている部分もあります。

図中央の濃い青色の部分とその東側(京浜急行線路より東側)は、ほとんどが盛土地または埋立地となっており、低地が広がっています。

安全な街の結論を言ってしまうと、色別標高図でオレンジ色の台地部分が、災害に強い安全な街になります(細くクネクネしている場所は除く)

※ 場所によっては、他の色の部分でも災害に強い安全な場所があります。

記事の最後の方に、安全な街の詳細な住所や位置を解説しています。

大田区の地形がわかったところで、各ハザードマップでは実際にどのようになっているのか、詳しくみていきましょう。

大田区の洪水危険度

大田区のハザードマップをもとに、水害の危険性が高い場所を調査していきますが、その前に水害と関係性の深い、河川について解説します。

大田区を流れる河川

大田区には、多摩川・丸子川・呑川・内川・海老取川が流れています。

多摩川

区の南部、神奈川県との境目を流れており、山梨県に水源がある一級河川です。普段、河川敷は公園やグラウンドとして利用されており、憩いの場となっておりますが、大雨で氾濫した場合は非常に危険です。

江戸時代から水害が多発していた川で、大田区だけでなく世田谷区・川崎市・調布市・狛江市など流域の街に甚大な被害をおよぼしてきました。

大正時代から本格的な治水工事が行われるようになり、昔に比べれば安全にはなりましたが、2019年に台風19号の襲来により、多摩川が氾濫し、世田谷区で多くの浸水被害がでました。

丸子川

区の西部を流れる、多摩川水系の川で、水源は世田谷区にあります。

もとは江戸時代につくられた六郷用水の一部です。

田園調布1丁目にある多摩川浅間神社付近で、多摩川に合流します。

呑川

区の中央部を北西から南東に向かって流れている川で、世田谷区桜新町のあたりに水源があります。

複数の支流が流れ込んでおり、大部分が暗渠化されていますが、目黒区にある東急大井町線【緑ヶ丘駅】の南側で開渠されて姿を現します。

大田区の東蒲田付近で、洪水や氾濫を防ぐために直線的に作られた新呑川と、旧呑川に分かれます。

内川

大森西4丁目の東海道本線付近から、東に向かって直線的に流れている川です。

もともとは、山王・馬込・池上の沼や湧水が水源の3つの川が合流してできる川でしたが、現在、大森西4丁目より上流は下水道として整備されており、上流部は内川とは合流しておりません。

内川沿岸は、地盤が低く、洪水や高潮などの水害を被りやすい地形となっています。

海老取川

羽田6丁目で多摩川から分かれて北側に流れる川です。

川の東側は羽田空港ですが、西側には住宅地もあり、

海老取川周辺は地盤が低く、特に左岸側は、防潮堤よりも軒先が低い家も見られるため、
高潮などの水害を受けやすい地形となっています。

大田区で洪水の危険性が高い場所

河川のことがわかったところで、大田区洪水ハザードマップを見ていきます。

大田区の洪水ハザードマップは、多摩川が氾濫した場合を想定したものと、中小河川が氾濫したものの2種類あり、中小河川版は河川の氾濫だけでなく、内水氾濫(下水処理能力を超えて下水道から水があふれること)による水害も、想定されて作られています。

まずは、多摩川が氾濫した場合の危険性についてみていきます。

想定されている雨量は、多摩川流域で48時間に588mmの雨が降った場合です。

ちなみに2019年10月に日本全国に甚大な被害をもたらした台風19号は、神奈川県箱根町で三日間で1,000mm、その他東日本を中心に17地点で500mm以上を記録しており、ハザードマップで想定している規模の降雨は十分起こりうる規模です。

多摩川が氾濫した場合、低地部分は全域にわたって浸水する予想となっております。

また、浸水する部分で予想される浸水深も、大部分で0.5m以上3m未満となっており、甚大な被害が予想されています。

多摩川が氾濫しても、安全な街の住所は以下になります。

田園調布1~3丁目、山王1~2・4丁目、中央1・4~6丁目、池上1~2丁目、南馬込1~6丁目、東馬込1~2丁目、北馬込1~2丁目、中馬込1~3丁目、西馬込1~2丁目、仲池上1~2丁目、久が原1~6丁目、南久が原1丁目、北嶺町・東嶺町・西嶺町・上池台1~5丁目、東雪谷1~5丁目、南雪谷1~5丁目、雪谷大塚町・石川町1~2丁目、北千束1~3丁目、南千束1~3丁目

西側から多摩堤通り~旧池上通り~池上通りの北側(多摩川や海と反対方向)が、一部を除いて安全な街となっています。


続いて、中小河川等が氾濫したときの危険性についてみていきます。

大田区洪水ハザードマップ(中小河川の氾濫版)
引用:大田区 ハザードマップ3 中小河川等の氾濫

多摩川が氾濫した場合との大きな違いが2つあります。

1つ目は、低地部分の浸水深です。

低地部分は、多摩川が氾濫した場合と同様にほとんどの場所で浸水する想定となっています。

しかし、浸水深に関しては場所によって違いがあり、低地部分の北側では1~3mほど浸水すると予想されている場所が多いのに対して、南側では0.5m程度の予想です。

2つ目は、多摩川が氾濫した場合に安全だった台地部分でも、浸水すると予想されている場所があることです。

中小河川が氾濫しても、安全な街の住所は以下になります。(浸水しないまたは、浸水しても0.5m未満の場所。浸水する場所が住宅地以外やごく一部の場合は、安全な街としています。)

田園調布2~3丁目、西嶺町、東嶺町、北嶺町、雪谷大塚町、南雪谷2・4丁目、北千束1~2丁目、南千束1~3丁目、東雪谷1・4丁目、上池台1・4丁目、中馬込1~3丁目、北馬込1~2丁目、西馬込2丁目、東馬込1~2丁目、南馬込1~2・4丁目、山王1~2丁目、中央5丁目、久が原3~4・6丁目、千鳥町1~3丁目、多摩川1丁目、西六郷1~3丁目、仲六郷1~2丁目、東六郷1~3丁目、蒲田本町1~2丁目、南蒲田1~3丁目、南六郷1丁目、萩中1~2丁目、本羽田2~3丁目、羽田1~6丁目、西糀谷2~4丁目、東糀谷4~6丁目、大森南1~4丁目

大田区の津波危険度

洪水の次は、津波危険度についてみてきます。

大田区津波ハザードマップをもとに危険度をみますが、中でも最も被害が大きくなると想定される、元禄型関東地震(マグニチュード8.2)クラスが発生し、水門が地震の影響で閉まらなかった場合の想定をみます。

大田区には最大2.27mの高さの津波がくると予想されています。

区の東側沿岸部で浸水すると想定されている場所があります。南側の色がついている場所は、ほとんどが多摩川の河川敷ですので、羽田の一部以外は被害は想定されていません。

浸水すると想定されている場所がある、具体的な住所は以下です。

大森東4~5丁目、大森南1~5丁目、東糀谷4~6丁目、羽田3・6丁目

※上で説明していますが、これはあくまで水門が開放されていた場合の被害想定です。津波発生時に水門が閉じていた場合、予想される津波高より防潮堤の方が1m以上高く作られているので、津波による被害は想定されていません。

東京23区の津波危険度についてもっと知りたいという方には、大田区に限らず、東京23区の津波危険度について調査している記事もありますので、興味のある方はご覧ください。

>>津波ハザードマップでわかる、東京都23区の津波危険度

大田区の高潮危険度

津波の危険性はそこまで高くないのがわかりましたが、実は東京では津波より高潮の方が怖い災害なんです。

高潮とは、台風や発達した低気圧が通過する際、海水面(潮位)が大きく上昇する現象です。
満潮と高潮が重なると高潮水位はさらに上昇して、大きな災害が発生しやすくなります。

大田区高潮浸水ハザードマップをもとに、高潮の危険性が高い場所をみていきます。

洪水と同様、区の低地部分の多くが浸水する見込みとなっております。

高潮が発生しても安全な街の住所は以下になります。

田園調布2~5丁目、鵜の木1丁目、西嶺町、北嶺町、東嶺町、雪谷大塚町、東雪谷1~5丁目、南雪谷1~5丁目、石川町1~2丁目、北千束1~3丁目、南千束1~3丁目、上池台1~5丁目、中馬込1~3丁目、北馬込1~2丁目、千鳥町1~3丁目、南久が原1~2丁目、久が原1~6丁目、仲池上1~2丁目、西馬込1~2丁目、東馬込1~2丁目、南馬込1~6丁目、山王1~4丁目、中央1・4~6丁目、池上1~4・6~8丁目、東矢口1~3丁目、西鎌田2~3丁目

大田区の地震危険度

地震危険度については、地盤の揺れやすさ・首都直下地震発生時に予想される震度・大地震発生時の危険度の3つをみていきます。

大田区の揺れやすさ

まずは、地震が起きたとき震源の位置などに関わらず、揺れやすい場所はどこなのか、みていきたいと思います。

上の図は、東京都が公表している東京都の表層地盤のゆれやすさから、大田区の位置を拡大したものです。

中央部と西部で緑色の部分がありますが、それ以外の場所は黄色またはオレンジ色が大部分を占めており、全体的に揺れやすいことがわかります。

東側のオレンジ色部分は、工業地帯や空港がある場所なので、それほど気にする必要はないのですが、南側の多摩川方面に飛び出ている場所は、住宅が多い場所なので注意が必要です。

首都直下型地震発生時、大田区で予想される震度

つづいて、首都直下型地震がおきたら、どれくらい揺れるのか見ていきます。

下の図は東京都が公表している、首都直下地震の震度分布予想図です。

東京都の首都直下地震の震度分布
引用:首都直下地震等による東京の被害想定(平成24年4月18日公表)を一部加工して引用

赤い〇で囲まれた部分が、大田区です。

区の大部分が震度6強と予想されていますが、北西部の一部では6弱と予想されており地盤の良さがうかがえます。

大地震発生時、大田区で危険性が高い場所

地震に対する危険度は、震度がどれくらい大きいかだけでは測れません。

地震に強い建物が多いのか少ないのか、建物の密集度合いなどで、災害時の危険度は大きく異なります。

下の図は、東京都が公表している地震に関する地域危険度測定調査より、大田区の建物倒壊危険度・火災危険度・避難活動困難度を総合的に判断して、地域の危険度を表したものです。

大田区の地震地域危険度

区の中央部、京浜東北線・京浜急行沿いの地域で危険度が高い傾向にあります。

このような場所は、古い木造住宅が密集しているような場所です。

逆に北西部の台地部分や、国道一号線沿い、環状八号線沿いでは危険度が低い傾向にあります。

大田区内で危険度ランク4以上の場所は、以下の住所です。

< 危険度ランク5 >

仲六郷2丁目、西蒲田3~5丁目、西六郷2丁目、羽田3・6丁目、南蒲田3丁目、

< 危険度ランク4 >

池上5丁目、大森北3・6丁目、大森東2丁目、蒲田1丁目、山王3丁目、中央3~4丁目、仲六郷1・3丁目、西蒲田1~2丁目、西六郷1・3丁目、羽田2丁目、東蒲田1~2丁目、東馬込2丁目、東六郷1丁目

大きな地震が起きたとき、自分の家が大丈夫でも周りの家が倒壊したり、火災が起きると、結局自分の家も危険になります。

道が狭い場所や、古い木造住宅が密集している地域、旗竿地の家などは災害時の危険性が高いので、注意しましょう。

>>旗竿地は安いけどやめたほうがいい?メリット・デメリットをわかりやすく解説します

大田区の液状化危険度

大田区のホームページにて、東京都の液状化予測(平成24年改定版)の大田区部分を公表しているので、そちらを見て液状化の危険度を見ていきます。

液状化予測図によると、北西部と北東部のごく一部以外は、全体的に液状化の可能性があり、液状化の可能性が高いと予想されている場所も多く存在しています。

大田区で液状化の可能性が低い場所の住所は、以下になります。

(液状化する可能性がある場所・高い場所を含む住所は除外していますが、道路や公園・住宅地以外の場合は、液状化の可能性が低い街と判断しています)

< 液状化の可能性が低い場所 >

田園調布2~5丁目、雪谷大塚町、南雪谷1~5丁目、東雪谷1~3・5丁目、石川町1~2丁目、北千束1~3丁目、南千束1~3丁目、上池台1丁目、西嶺町・ 東嶺町・北嶺町、南久が原1~2丁目、久が原1~4・6丁目、仲池上1~2丁目、中央5丁目、山王1~2・4丁目、中馬込1~3丁目、北馬込1~2丁目、東馬込1丁目、南馬込1~2・5~6丁目、西馬込1~2丁目、

上記住所以外の場所に家の購入を検討している方は、ハザードマップで詳細な情報を確認しておきましょう。

大田区の土砂災害危険度

大田区土砂災害ハザードマップをもとに、土砂災害の危険性が高い場所を見ていきます。

土砂災害とは、土石流・地すべり・がけ崩れなどのことで、大雨の際や大きな地震が発生したときに起こりやすい災害です。

区内には令和4年1月現在、土砂災害警戒区域が97か所、土砂災害特別警戒区域が60か所存在しており、土砂災害ハザードマップではその位置を示しています。

土砂災害の危険性が高い場所は、北西にある台地部分の端、台地と低地の境目に多く存在します。

また、内陸部の川沿いでも台地を河川が削ってできた谷があるため、土砂災害の危険性が高い場所が存在することがあります。

土砂災害警戒区域等が存在する場所の住所は、以下になります。

田園調布1~5丁目、田園調布本町、田園調布南、西嶺町、鵜の木1・3丁目、千鳥3丁目、久が原2丁目、南千束2丁目、石川町1丁目、東雪谷2・5丁目、仲池上1丁目、上池台5丁目、池上1~2丁目、中央4~6丁目、南馬込1~6丁目、東馬込1丁目、山王2~4丁目

東京都大田区で災害に強い安全な街

各災害に対して危険な場所がわかりましたので、消去法で全ての災害に強い安全な街を発表いたします。

下の図で、色のついた部分が大田区で自然災害に強い安全な街です。

東京都大田区ですべての災害に強い街の位置

大田区で自然災害に強い安全性な街の、具体的な住所は以下になります。

山王1丁目、久が原4・6丁目、上池台1丁目、西馬込1~2丁目、中馬込1~3丁目、北馬込1~2丁目、雪谷大塚町、東雪谷1丁目、南雪谷2・4丁目、東嶺町、北嶺町、南千束1・3丁目、北千束1~2丁目

まとめ

大田区では、 北西部の台地上で呑川沿い以外の場所が、自然災害に強い安全な街です

区の特徴としては、北西部の台地部分とそれ以外の低地部分に分かれている地形で、台地部分では呑川沿いや台地の先端以外は、あらゆる災害に強い傾向にある。

逆に低地部分はあらゆる災害に弱いため、注意が必要。

これからマイホームを購入しようと思っている方には、大田区の低地部分はおすすめしません。

既にマイホームを購入している方は、防災用品を購入するなどして、しっかり災害対策をとっておきましょう!

・洪水について

低地部は全体的に危険性が高い。北西部の台地上でも呑川沿いは、氾濫の危険性がある。

・津波について

水門が開いていた場合、大森東・大森南・東糀谷・羽田の一部で浸水するが、水門を閉じていた場合、被害は出ないと予想されている。

・高潮について

北西部の台地部分以外、全体的に高潮の危険性が高い。

・地震について

首都直下地震で予想される震度は、ほとんどの部分で6強となっているが、北西部の台地上では6弱となっている場所もある。

京浜東北線・京浜急行沿いでは、建物の倒壊や火災などの危険性が高い。

液状化について

北西部の台地上では、一部を除き液状化の可能性は低い。

しかし、低地部分ではほとんどの場所で液状化の可能性があり、液状化する可能性が高い場所も多く存在する。

土砂災害について

大田区には土砂災害の危険性が高い場所が、約100か所ある。

台地部分の端に多く存在する。

・自然災害に強い場所

北西部にある台地で呑川に近くない場所が、大田区で自然災害に強くて安全な場所

マイホームを購入する予定がある方は、今回の調査結果を参考にして頂いて、最終的には詳細な位置の危険性をハザードマップなどでしっかり確認しましょう!

当サイトでは、東京23区で安全な街はどこなのか調査して、ランキングにした記事もございますので、興味のある方は是非ご覧ください。

>> ハザードマップで見る、東京23区災害に強い安全な街ランキング

また、他の区の安全な街をハザードマップをもとに調べた記事もあります。

< 区ごとの災害に強い安全な街を調査した記事 >

< 都心5区 >

千代田区中央区港区新宿区渋谷区

< その他の区 >

世田谷区目黒区品川区杉並区豊島区練馬区

その他、当サイトではマイホームを購入する際の優先順位として、1番が災害に対する安全性、2番が資産価値だと考えております

東京23区で資産価値の高い区はどこなのか、調査してランキングにした記事もありますので、興味のある方は是非ご覧ください!

【不動産 資産価値ランキング】東京23区でマンション・戸建ての資産価値が落ちない場所はここだ!

家選びの優先順位について、解説した記事もあります。

家の選び方の基本的な考え方 優先順位は?安全な場所にある家を買おう!

タイトルとURLをコピーしました