ハザードマップで見る、東京都新宿区で災害に強い安全な街

スポンサーリンク
新宿区の風景

近年、地震や台風による洪水、土砂災害など自然災害が多発しており、災害に対する注目度も上がっています。

自然災害の被害に遭うと、経済的な損害だけでなく命の危険もあります。

東京都心に位置し、歌舞伎町のような繁華街や西新宿のオフィス街のイメージが強い新宿区ですが、住宅地も多く存在しているんです。

・新宿区に住みたい・家を購入したいけど、どこがいいのかわからない

・住むなら災害に強い安全な場所に住みたい

そんな方のために、色々な災害のハザードマップなどを見て、東京都新宿区のどの街が災害に強い安全な街なのか?どの街が災害の危険性が高い街なのか調査しました。

ハザードマップやその他情報から、災害危険性の有無・危険性の大きさ・危険な面積の割合などを読み取っていきます。

スポンサーリンク

ハザードマップとは

ハザードマップとは、自然災害の危険性が高い場所を、危険度別に色分けして表示している地図です。避難場所や避難経路についても記載されています。

災害の危険性が高い場所に住んでいる人が、危険を認識すること、災害時にスムーズかつ迅速に避難できるようにすること、事前に災害対策をすることにより被害軽減を図るために作成されています。

最近では、マイホームを購入するときの参考資料としても利用されています。

ハザードマップには、自然災害によって様々な種類があります。

自然災害の危険性は住んでいる場所によって異なるので、全ての市区町村に全ての種類のハザードマップがあるわけではありません。

例えば海に面していない内陸部では、津波ハザードマップはありません。

公表しているハザードマップの種類が多いところほど、自然災害の危険性が高いとも言えます。

ハザードマップについてもっと知りたいという方には、詳しく解説している記事がありますのでそちらをご覧ください。

ハザードマップとは何か?簡単にわかりやすく説明します!

東京都新宿区の地形

各災害の危険性を見る前に、新宿区の地形がどうなっているのか見ていきたいと思います。

災害の危険性が高い場所は、主に周囲に比べて標高の低い場所(低地)急激に標高が変わる場所(急傾斜地)川沿いの地域になります。

これらは、色別標高図を見れば大体のことがわかります。

新宿区色別標高図
引用:国土地理院 地理院地図/GSI MAPsの情報を一部加工して作成 https://maps.gsi.go.jp/

標高図からわかる新宿区の地形の特徴は、以下になります。

・北西部から妙正寺川、西部から北部にかけて神田川が流れている(緑~青の部分)

・川沿いの地域では、低地が広がる(水色~青色の部分)

・低地と台地の境目では、急な傾斜地になっている(水色~緑~黄色~オレンジに狭い範囲で色が変わっている部分)

・北西部と、南部では台地が広がっている(黄色・オレンジ色の部分)

安全な街の結論を言ってしまうと、色別標高図で黄色・オレンジ色の台地部分が、災害に強い安全な街になります。

新宿区の地形がわかったところで、各ハザードマップでは実際にどのようになっているのか、詳しくみていきましょう。

洪水

新宿区浸水ハザードマップをもとに、洪水・内水氾濫の危険性が高い場所を調査していきます。

浸水ハザードマップには、河川(妙正寺川と神田川)が氾濫した場合と、内水氾濫といって大雨で降った水を下水道が処理しきれなくなって水が溢れた場合の、被害想定箇所が記載されています。

新宿区には、妙正寺川神田川という二つの一級河川が流れております。

・妙正寺川は、杉並区の妙正寺公園内の妙正寺池を水源とし、中野区を通って江古田川と合流し、新宿区に流れ込んでいます。

・神田川は、三鷹市にある井の頭公園の井の頭池を水源とし、杉並区・中野区を通って善福寺川と合流し、新宿区に流れ込んでいます。

二つの川は、もともと西武新宿線【下落合駅】の東側で合流して一つの川になっていましたが、大雨の際に川の水がよく氾濫したため、治水事業により一応川は合流していますが、二本並走しているような形にして、増水した水が分散するような対策が施されています。

その後、再度高田馬場3丁目で完全に合流しています。

ちなみに【落合】という地名は、川が落ち合う(合流)場所であることから、その地名がついたと言われています。

このような対策は取られているのですが、大雨が降った際にはいまだに洪水が起きる可能性があることが、ハザードマップから見て取れます。

↓のハザードマップの、帯状に薄い黄色~赤色がついている部分です。

新宿区洪水ハザードマップ
引用:新宿区洪水ハザードマップ https://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000255129.pdf

新宿区では、妙正寺川と神田川沿いの街が特に水害の危険性が高いことがわかります。

特に以下の場所では河川の洪水により街全体、または街の一部が浸水する見込みです。

西落合1~2丁目、中井1~2丁目、上落合1~3丁目、中落合1丁目、下落合1・2・4丁目、高田馬場2~3丁目、北新宿2~4丁目、西新宿5丁目、西早稲田1・3丁目、戸塚町1丁目、早稲田鶴巻町、山吹町、改代町、水道町、西五軒町、東五軒町、新小川町、下宮比町、神楽河岸、榎町、築地町、揚場町

河川の氾濫の危険性のない川から離れた場所でも、谷のような地形になっているところや、窪地になっている場所では、内水氾濫の危険性があります。

そういった場所は区内の至る所にありますので、ハザードマップまたは、現地で周囲を見回して土地が周りに比べて低い位置にないか確認しましょう。

液状化

地震による液状化については、新宿区がけ・擁壁ハザードマップに液状化の可能性がある場所が記載されているので、見ていきます。

新宿区液状化マップ
引用: 新宿区がけ・擁壁ハザードマップを一部加工して引用

液状化の可能性がある場所は、水色になっている部分で、私の方でわかりやすいように赤い〇で囲んでいます。

川のそばや、谷底の低地部分が液状化の可能性が高い場所となっています。

詳しい住所は以下になります。

西新宿5丁目、四谷4丁目、富久町、愛住町、住吉町、河田町、市谷仲之町、片町、市谷本村町、神楽坂1・2・3・5・6丁目、白銀町、津久戸町、筑土八幡町、神楽河岸、揚場町、市谷船河原町

※ 上記の街全体が液状化の可能性がある訳ではなく、一部です。

家を購入する予定の場所が上記に該当する場合は、しっかり危険性がないか確認しましょう。

土砂災害

新宿区には、土砂災害の危険性がある場所が、点在しています。地図情報だと見づらい部分があるので、土砂災害ハザードマップの危険箇所と一致している、土砂災害警戒区域と土砂災害特別警戒区域のある町名一覧を載せます。

新宿区の土砂災害警戒区域と土砂災害特別警戒区域のある町名一覧1
引用:新宿区土砂災害ハザードマップ
新宿区の土砂災害警戒区域と土砂災害特別警戒区域のある町名一覧2
引用:新宿区土砂災害ハザードマップ

※ この情報は、町の一部に土砂災害の危険性が高い場所が存在しているということであって、町全体が危険というわけではありません。

家を購入しようとしている場所などに○がついていた場合、新宿区土砂災害ハザードマップの地図面で詳細な位置を確認して下さい。

強いて言えば、妙正寺川と神田川が並走している落合の辺りに、土砂災害の危険性が高い場所が多くありますが、新宿区全体としてはそれほど危険性は高くありません。

高潮

高潮とは、台風や発達した低気圧が通過する際、海水面(潮位)が大きく上昇する現象です。
満潮と高潮が重なると高潮水位はさらに上昇して、大きな災害が発生しやすくなります。

新宿区は海に接しておりませんが、崇をで海水面が大きく上昇すると、川の水位も大きく上昇します。

神田川の水位が上昇することで、高潮の被害が発生する可能性があります。

新宿区洪水ハザードマップの高潮浸水想定区域図をもとに、危険性が高い場所をみていきます。

まずは浸水想定区域と、浸水深です。

新宿区高潮浸水想定区域(浸水深)
引用:新宿区洪水ハザードマップ  高潮浸水想定区域(浸水深)

高潮によって上昇した海面が神田川を遡上して、早稲田鶴巻町のあたりまで浸水する見込みです。

続いて浸水継続時間を見ていきます。

新宿区高潮浸水想定区域(浸水継続時間)
引用:新宿区洪水ハザードマップ 高潮浸水想定区域(浸水継続時間)

新宿区内では、長いところで1日以上3日未満、浸水が継続する可能性があります。

これだけ浸水が長いと、避難は必須で、木造の家はダメになるでしょう。青い色が濃い場所に住むのは非常に危険です。

地震

新宿区は、地震ハザードマップを作成していないので、内閣府が公表している「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」についてと、新宿区が発行している、広報しんじゅく第2245号に掲載された地域危険度マップをもとに見ていきたいと思います。

まずは、東京都の表層地盤の揺れやすさです。

赤い〇で囲まれた部分の中心が、新宿区です。

全体的に黄色い部分が多く、東京都の中ではやや揺れやすい方です。一部だけオレンジ色になっている部分は早稲田鶴巻町や山吹町のあたりだと思われます。

続いて地域危険度マップをみていきたいと思います。こちらは、地震による建物倒壊危険度・火災危険度・災害時活動困難度をまとめて総合的に判断した、総合危険度を表しています。

特に危険度が高いのは、神楽坂周辺と若葉周辺、上落合周辺です。

特に神楽坂周辺は、狭い道が多いうえに古い木造の建物が未だに残っているので、危険度が高い地域となっています。

東京都【新宿区】で、災害に強い安全な街

各ハザードマップを見たうえで、新宿区で特に安全な街をご紹介致します。

災害に強い安全な街は、以下になります。

西落合3~4丁目、中落合3丁目、下落合3丁目、高田馬場1・4丁目、西早稲田2丁目、百人町1~4丁目、西新宿1~4・6~7丁目、北新宿1丁目、歌舞伎町1~2丁目、新宿1~5丁目、内藤町、若松町、河田町、市谷台町、四谷1~3丁目、大京町、左門町、霞ヶ岳、市谷薬王寺町、市谷加賀町1丁目、納戸町、払方町、南町、北町、中町、箪笥町、細工町、南山伏町、北山伏町、二十騎町、市谷山伏町、市谷甲良町、東榎町、

こんなにあるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけ新宿区自体が災害に強い安全性な街ということです。

 冒頭でも記載していますが、上記街の中にも一部災害の危険性が高い場所もありますので、不動産の購入や引っ越しの際は、ハザードマップをよくご確認ください。特に内水氾濫の危険性が高い場所は、台地部分にも点在しています。

中でも、得に安全性の高いオススメの街をご紹介します。

払方町・南町・中町

新宿区払方町の風景
払方町の風景 台地なので坂の上なのに平坦な地形が広がっている

【市ヶ谷駅】と【牛込神楽坂駅】の間に位置します。

全体的に坂の上の台地部分になっており、あらゆる災害に強い安全な街です。

このあたりは江戸時代には、大名屋敷が建ち並び、現代でも政財界の要人が居を構えてきたことでも知られている、由緒正しい土地です。

町の区画がきれいで、道路も広く、閑静な住宅街となっています。

中低層の高級マンションや大きな敷地の一戸建てが多く、町を歩いていると欧米系の外国人の方も見かけます。

外資系企業や大使館職員の借上げ社宅などとしても、人気の街なのかもしれません。

まとめ

新宿区では、区の北西部と南部が高台になっており、災害に強い安全な場所です。

新宿区で災害の危険性が高い場所は以下の場所です。

・妙正寺川と神田川に近い街で水害の危険性が高い。

・早稲田鶴巻町から東側の神田川沿いの街では、高潮の危険性もある。

新宿区は都心に位置し、非常に利便性が高く、川沿いの街以外は全体的に災害危険度が低い区です。

しかし、内水氾濫や土砂災害、大規模盛土など、細かく見ていく災害危険度の高い場所も点在しているので、ハザードマップで細かい情報も確認しましょう。

また、新宿区に限らず東京23区だと、どこの区が災害に強い安全な区なのか知りたいという方には、東京23区のハザードマップを調べて、どこの区が安全なのかランキングにした記事もありますので、興味のある方はご覧ください。

ハザードマップで見る、東京23区災害に強い安全な街ランキング

その他の地域でも、安全な街はどこか調査した記事もありますので、興味のある方はご覧ください。

< 区ごとの安全な街を調査した記事 >

その他、当サイトではマイホームを購入する際の優先順位として、1番が災害に対する安全性、2番が資産価値だと考えております

東京23区で資産価値の高い区はどこなのか、調査してランキングにした記事もありますので、興味のある方は是非ご覧ください!

【不動産 資産価値ランキング】東京23区でマンション・戸建ての資産価値が落ちない場所はここだ!

家選びの参考になるような記事もありますので、これからマイホームを購入しようと思っている方は、是非ご覧下さい。

家の選び方の優先順位は?災害に強い安全な場所にある、資産価値の高い家を買おう!

タイトルとURLをコピーしました